FC2ブログ

心の響く言葉 《禅的老い方》


【禅的老い方】

境野勝悟氏の心に響く言葉
    「人の心に灯をともす」より

江戸時代の臨済宗の僧、翠厳(すいがん)禅師の言葉に、

「我心(がしん)を忘ずるは、即(すなわ)心仏となる」がある。

「我心」とは、自分だけの利益ばかりを考える心だ。

自分だけが得しよう、自分だけが豊かになろう…。

すると、どうしても、日常生活すべてが、自己中心的となる。

なにかを話すにしても、自分の考えでしか、人と話せない。

相手の意見が、まったく、読めない。

「わたしは、人のためばかり思っている」なんていっているが、じつは、自分だけの考えで、自分のエゴで、人のためと思っているだけだ。

相手が、「いい」と思っていることを、応援して、手助けしてやる。

そこではじめて「人のため」の行動が、とれる。

老いて注意する点は、ただひとつ。

自己中心の考えや、自分の考えだけによる取捨選択の、いっさいの行動を捨て去ることだ。

けっして、むつかしいことじゃない。

こっちの意見をいう前に、相手の考えをよく聞いてやることだ。

「こうしろ」という前に、「こうしてほしい」といわれたら、誠心誠意尽くしてさしあげることだ。

少なくとも、禅的に生きたいなら、ここが、肝心かなめの点だ。

「自分のためにやる」

「自分が得するためにやる」

若いうちは、それでいい。

が、老いてきたら、得るものは、決まってくる。

得ようと思ったって、かぎりがある。

禅的老い方の基本は、第一に「他利(たり)」である。

もし、禅的に老いたいなら、「自分のため」は、あとまわし。

相手がよくなるように、相手が喜ぶように、相手の考えや趣向をよく理解したうえで、「この人のため」に行動を開始する。

その修練を徹底的に実践する。

じつは、そのことが、いちばん、自分のためにもなる。

なかなかできない。

それは、わかりきっている。

できなくても、できなくても、つづけていく。

例えば…。

若い人の意見を、よく聞く、聞く、聞く…。

オーソリティの意見ではない。

学者の意見でもない。

名高い評論家の意見でもない。

若い人だ。

若い人の意見をひざまずいて、合掌して聞く、聞く、聞く…。

いやなことだ。

おもしろくないことだ。

若い人の意見を聞いているうち、「なにっ。オレをだれだと思っているんだ!なめるな!」という気持ちになるのは、よく、わかる。

が、そこが、こらえどころだ。

ガマンにガマンをして、「うむ。なるほど、よくわかった」…と。

若い人の意見どおりに、行動しなくてもいい。

ただ、「わかった」と、まず、しっかりと、その意見を誠実に認めてあげることだ。

若い人の意見を、「なるほど、いいことをいうね」と、素直に受け入れて、「参考にさせてもらうよ。ありがとう」と、もし、いえるような自分になったら、老後の人生は、パッと開ける。

老後すべての生活に、春が、来る。

花が、咲く。

世界に類をみない革命、明治維新を成し遂げたのは20代や30代の若者たちだ。

しかし、忘れていけないのは、その裏に、彼らを認めたり、応援した、年長者や老人たちがいたから。

どんな改革でも、実力や権力のある年長者や老人たちが本気になって止めたら、その改革は一歩も進まない。

昨今の大企業がバタバタとダメになっていく裏には、こういう現象がある。

だからこそ、年長者や老人は、「若者を応援する人」でなければならない。

特に、変化の激しい現代はそれが必要。

応援するには、自分も勉強して、その問題の本質をある程度わかっていなければならない。

つまり、新しい情報や、考え方を受け入れる好奇心と柔軟性が必要。

若者とつき合うには、魅力がなければならない。

頑固一徹で、誰の話も聞かず、昔話ばかりしているような老人には誰も会おうとはしない。

年を重ねたら…

禅的な老い方を目指したい。


禅的老い方

広島ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

心に響く言葉 《娘の霊にささぐ》

「人生皆わが師」と言う言葉があるが、東京家庭教育研究所を創設した
小林謙策氏(故人)は、わが子が死によって、家庭教育のありようを教えてくれる師であった。
……………………………………………………
「悲しみの底でみつけた真実の言葉」

    藤尾秀昭(致知出版社社長) 
    『心に響く言葉』より

「娘の霊にささぐ」という一文がある。

東京家庭教育研究所を創設した
小林謙策氏(故人)の記したものである。

小林さんが家庭における子どもの教育が
いかに大切かを身にしみて感じたのは
昭和30年6月、
ただ一人の娘に突然、自殺されたときからである。

小林さんは長野で中学校の校長をしていた。
人さまの大切な子どもをあずかって
教育しなければならないという立場の者が、
自分の娘の教育さえ満足にできなかったのはなぜか。
19年間の娘に対する教育のどこが間違っていたのか。

平和で楽しかったはずの家庭に
突然おそった悲しみ、苦しみが
厳しく小林さんを反省させた。

「私は家庭における子どもの育て方に
 大変な間違いを犯しておりました」

と小林さんはいう。

自身が勝気で負けず嫌いだったから、
娘に対しても、小さい時から
「えらくなれ」といって育ててきた。
大きくなると、さらにその上に
「人よりえらくなれ」といった。

「娘は小学校、中学校、高等学校までは、
 自分の思い通りに伸びていったが、
 東京の大学に行ってからは、そうはいきませんでした。

 あらゆる努力をしても、
 自分よりすぐれているものが幾多あることを知ったとき、
 もはやわが人生はこれまでと、
 生きる望みを失い、新宿発小田原行の急行電車に
投身自殺をしてしまったのです」

遺された手紙には

「両親の期待に沿うことができなくなりました。
 人生を逃避することは卑怯ですが、
 いまの私にはこれよりほかに道はありません」

と書かれ、さらに、

「お母さん、ほんとうにお世話さまでした。
 いま私はお母さんに一目会いたい。
 お母さんの胸に飛びつきたい。
 お母さん、さようなら」

と書いてあった。

「それを読んだ妻は気も狂わんばかりに
 子どもの名前を呼び続け、
 たとえ1時間でもよい、この手で看病してやりたかった
 ――と泣きわめくのでした」

小林さんはいう。

考えてみれば、子どもは順調に成長してゆけば、
誰でも「えらくなりたい」と思うもの。
這えば立ちたくなり、立てば歩きたくなり、歩けば飛びたくなる。
これが子どもの自然の姿だ。
子どもは無限の可能性を持って伸びよう伸びようとしている。

「それなのに自分は愚かにも
 娘に『人よりえらくなれ』といい続けてきた。

『自分の最善をつくしなさい』
 だけで、娘は十分伸びることができたはずです。
 私は娘の死によって、
 家庭教育の重要性を痛感いたしました」

以後の人生を小林さんは
家庭教育の探究と普及に捧げる人生を生きられ、
平成元年に亡くなられた。

自分の最善をつくしなさい

――小林さんが一人娘の自殺という
悲しみのどん底で見つけた真実の言葉。
その言葉こそ、人を育てる要諦の言葉である。

その言葉をいま、自らの人生を懸命に生きている
すべての人に贈りたいと思う。

坂村真民さんの詩がある。

「小さい花でいいのだ
人にほめられるような大きな美しい花ではなく
だれからも足をとめて見られなくてもいい
本当の自分自身の花を咲かせたらいいのだ
それを神さま仏さまに見てもらえればいいのだ」

    庭に咲く白い花
我が家の庭にある、手入れをしない鉢に咲く白い花が可愛い


人気ブログランキングへ
広島ブログ
 出逢いに感謝
ファンタスティック ツリー
プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:孝ちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

リンク
Tony Bennett, Lady Gaga - Winter Wonderl
Von Trapp Kids All Grown Up! -The Sound
ひろしま協創高校バトン部
  ツイート
カテゴリ
月別アーカイブ