FC2ブログ

64歳は、やるでぇ 《手話に挑戦》

昨年5月に開講した、手話奉仕員養成講座に参加し、先日の2月18日で修了した。
週に一日だからと思ったが、毎週水曜日の講座の日が、あっという間にやってくる感じで、大変だった。また、毎回出る宿題を日曜日にやるようにして、何とか乗り切った。
修了したと言っても、手話の基礎の基礎が身についた程度なので、聾の方と会話が出来る様になるには、まだまだ勉強しないと無理だと思うのだが、この前、職場内の聾の方と帰りがけに偶然会った時に、無意識に「ご苦労さん」と手話で言えた時は、自分でも驚いたと同時に、凄く嬉しかった。聾の方も嬉しそうに笑顔で答えてくれたので本当に良かった。


手話修了証書-1

64歳は、やるでぇ 《久しぶりの金比羅宮参り》

JRを利用しての高松は、初めてだった。駅前の広場も整備されていて綺麗だった。
ふと振り返ると、「たかまつ えきちゃん」が可愛い笑顔で迎えてくれていた。
     たかまつ えきちゃん

30数年ぶりに、金比羅さんの石段に挑戦した。一緒にお参りした、横浜のIさん(66歳)と、二度と来る事は無いかもと談笑しながら汗を一杯かいて奥社まで行ったお陰で良い出逢いを戴いた。
奥社の前のベンチで休んでいて、隣り合わせた男性と親しくなって、雑談をした。
その男性は、75歳で高松市内に住んでいて、もう30年来、毎月一回お参りしているとのことなど・・・しばらく話していると、沢山の観光客が来るが、殆どの観光客が見ることなく帰ってしまう物があるので、教えてあげると言って、奥社の山の左壁面に「烏天狗と天狗」が彫ってあって、立て看板があるが分かりにくいので観ずに帰るらしい。
確かに、その男性に、指を指して教えてもらっても、なかなか見つけられなかったくらいだった。
立て看板から近そうに写っているが、離れている。分かりにくいのでオレンジの線で囲った。
金比羅奥社の天狗

また、本宮の左右に素晴らしい「左近の桜と右近の橘」の屏風絵があり、特に左の屏風絵は、見事だけど、ちょっと観にくいので観ずに帰るとのことだった。

左近の桜は、残念ながらガラスの反射でよく分からないが、綺麗だった。
金比羅本宮の屏風絵



人気ブログランキングへ
広島ブログ
 出逢いに感謝
ファンタスティック ツリー
プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:孝ちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

リンク
Tony Bennett, Lady Gaga - Winter Wonderl
Von Trapp Kids All Grown Up! -The Sound
ひろしま協創高校バトン部
  ツイート
カテゴリ
月別アーカイブ