FC2ブログ

今日も生かされて

.11

素敵な話

素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》

【やってみなけりゃわからんことだけが楽しい】

ひすいこたろう氏の心に響く言葉
「人の心に灯をともす」より

「いつか本を書いてみたい」
僕が漠然とそんな夢を見始めたのが2002年。
でも、僕の周りには本を書いたことのある人が誰ひとりいなかったので、作家になる方法がわからなかったんです。
だから、行動を起こすこともなく、なんとなく2年が過ぎました。
そんなある日、心理学の講座を受講したときのこと。
8人のグループワークで、僕は本を書いてみたいという夢を語りました。
すると偶然にも、その輪の中に作家さんがいた!
「おまえ、本、書きたいの?」
彼は僕よりだいぶ年下だったにもかかわらず、「おまえ」と完全な上から目線!
「…はい。本を書いてみたいんです」と僕が答えると、いきなりこう言いました。
「原稿は?」(作家さん)
「え? 原稿ですか? まだ書いてないです」
「おまえ、意味わかんねえよ」(作家さん)
「え?」
「だって、おまえ、本書きたいのに原稿はないんだろう?意味わかんねえよ」(作家さん)
いきなり、「意味わかんねえよ」扱いです。
「よく考えてみろ。
『僕はミュージシャンを目指しています。1曲も作曲していませんが』というヤツはミュージシャンになれると思うか?
おまえはそれと一緒だよ。
俺は本を書きたいと思った時点で書いてた。
で、いつなんどき編集者に会ってもすぐに渡せるようにカバンに入れてた。
なんでおまえのカバンから、原稿が出てこない?
いまおまえのカバンから原稿が出てきたら、俺はすぐに編集者に渡してあげたよ。
おまえはチャンスを台無しにしてる。
意味わかんねえよ」
これに対して、僕は「そうは言うけど、俺の周りで本を書いた人なんか誰ひとりいないんだ。だからやり方がわからないんだ!」と言い返したかったのですが、気が弱くて言えませんでした。
もう、悔しくて、悔しくて、とにかくわからないまま進むしかないと思い、ブログを立ち上げて、なんでもいいから1話書いた。
それ以来、毎日ブログを書き続けた。
結局それが僕のデビュー作『3秒でハッピーになる名言セラピー』につながりました。
方法なんかわからなくたって、今日できる1歩を踏み出せば、次の1歩が見えてくるのです。
最後に、きつかわゆきおさんの言葉を贈りましょう。
「やってみなけりゃわからんことだけが楽しい」
《わからないまま進め。やり方がわかるようなら、それは夢ではなく、「ただの予定」。》
『あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。』ディスカヴァー
将来、「サッカーの選手になりたい」と思っている子どもが、現在サッカーをやっていないし、なんの運動もしていない、などということはあり得ない。
起業もそうだ。
いくら、「素晴らしいレストランのアイデアがあるんです」と言っても、レストランの経験もなく、頭の中だけでチラっと考えているだけなら、それは成功する確率は限りなくゼロに近い。
本気で思っている人は、すでに駆け出している。
レストランで働いて料理や接客を覚えたり、レストランの人脈を築いたり、自分の理想の店を何軒も見て食べまくったり、食器やインテリアに興味を持ったり、設計士と友達になったり、経理や計数を勉強したり…と。
多くの人が、なんとなく、「そうなったらいいなぁ」と、ただ、夢を夢見ている。
まだ、一歩も踏み出していない人が、いくら夢を語ったとしても、それを本気にする人はいない。
「やってみなけりゃわからんことだけが楽しい 」
人生を楽しくするため…
とにかく、一歩を踏み出したい。


ひすいこうたろうの本

広島ブログ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村<

.08

素敵な話

素敵な話 《いつの時代でも変革は若者から始まった》

【いつの時代でも変革は若者から始まった】
行徳哲男師の心に響く言葉
       「人の心に灯をともす」より
私は若者たちにこういう檄文(げきぶん)を書いて発破(はっぱ)をかけているんです。
「若者たちよ。
いつの時代でも変革は若者から始まった。
いつの時代でも、疑問、覚醒、憤怒は若き者の特権だ。
安寧(あんねい)、規制、常識は老いた者の繰り言にすぎない。
一つの組織が前例や慣習や秩序に縛られ固定化すると、いつか自家中毒を起こす。
そして停滞し、やがて崩壊に向かう。
組織は常に代謝と回転と改革を図らなければならない。
若者たちの血気は、現状を少しでも理想に近づけようとする若者の運動じゃないか」
それはまあ、大人たちにとっては我慢のならない青二才の行動としか見えないかもしれません。
しかし、この若者たちの運動を青臭いものとして諦観(ていかん)し、世の体制に身を委ねた時、その人間は若者の魂を悪魔に売り渡し、そして過去の人間になってしまうのです。
歴史というのは、青が老に取って代わることなんです。
それから、小が大に取って代わり、新が旧に取って代わることです。
いつの世も青二才たちが時代をひっくり返してきたんですから。
若者に失望したら国は衰えますよ。
世の大人たちは若者の粗(あら)探しをして、彼らを揶揄(やゆ)したがる癖がありますが、彼らと我々がどう違うかを考えるのではなくて、どこがどう同じなのかを探す努力をすべきだと思いますね。
若者と我々がどう同じかを探していくと、若者への失望はたちどころに消えていきます。
行徳哲男師は本書の中でこう語る。
『坂本龍馬は「自我狂」という字を好んで書きました。
吉田松陰は「諸君、狂いたまえ」と若者たちを鼓舞しました。
また「狂をなし愚をなすも 我れいずくんぞ憂えん 我れは我が志を行わんのみ」と詠った山形有朋は自らを「狂介」と称しました。
明治維新を起こしたのは、こうした狂った人間たちですよ。
ローマの哲学者セネカはこう言っています。
「人間にはもともと狂った部分がある。狂っている時が一番健全で正常なのである」
人間が最も不健全で異常な状態とは何かといえば、それは狂えないということですよ。
現代人は冷めてしかものを見ることができなくなっています。
だから狂えないし、不健全、不自然になってしまっている。
狂の中にいる時、人間は一番自分が自分に帰属しているんです。』
年を重ねると、人はだんだん、狂うことができなくなる。
世間体を気にしたり、メンツにこだわったりして、うわべだけを気にして、自分をさらけ出すことができなくなってくるからだ。
バカになること、愚になること、恥をかくことが、できなくなるということでもある。
「狂」とは、熱気や激情であり、パッションだ。
だからこそ、大人たちは、「狂」になれる若者がまぶしくて、妬(ねた)ましい。
「いつの時代でも変革は若者から始まった」
世の大人たちは…
若者との「違い」ではなく、どこがどう「同じ」かを探す必要がある。
そして、
変革をめざす若者たちを応援する大人でありたい。


感性は力

広島ブログ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村<

.13

素敵な話

素敵な話 《目に見えないものを大切にする力》

【目に見えないものを大切にする力】
アカツキ創業者、塩田元規氏の心に響く言葉
     「人の心に灯をともす」より
時代はもう変わっている。
あなたも、個の時代、共感の時代、多様性の時代など、色んな言葉を耳にしたことがあると思う。
僕は、これからの時代は、ハートやつながりといった目に見えないものが中心になると信じている。
合理・論理など目に見えるものが中心の時代から、感情・ハートが中心の時代だ。
「遊びやワクワクだけじゃ生きていけない」っていう言葉がこれからは逆になる。
今まで、無駄だと言われた子供のような好奇心が価値を持つ。
頭で考えて社会に合わせて生きる時代は終わった。
外側ではなく、自分の内側を大切にする時代だ。
内側にある、ハートに従って、自分の可能性を開いていく。
そして、やること(Doing )だけじゃなくて、自分の在り方(Being)も大切にしていく。
それは、一人ひとりが自分らしくハートに従って生きる時代。
そして、多様な生き方をお互いに認め合えて、みんなの人生がカラフルに輝く“ハートドリブン”な時代だ。
ハートを大切にする人が結果として社会的な成功も得られると僕は感じている。
ビジネスでも、遊び心や感情を大切にすることが成長の鍵になる。
便利だから商品が売れるという機能的価値が中心だった時代は、もう終わった。
精神的、感情的な満足に価値の源泉が移っていく。
見えない感情的な価値(感情価値)がどんどん高まっていく時代だ。
感情価値に払う金額は、機能的価値に払う金額よりはるかに大きい。
そして、感情価値の高まりは、顧客をファンに変えていく。
だからビジネスでも、心が動く、ワクワクなどの感情が力になる。
僕が経営しているアカツキという会社は、まさに目に見えないものを大切にしてきた会社だ。
社名には、“世界に夜明けを”という想いを込めた。
創業当初から、合理・論理を重視する価値観じゃなく、感情・ハートといった目に見えないものを中心にする価値観を大切にしてきた。
だからこそ、アカツキは大きく成長してきたんだと思う。
僕たちは、自分たちの仕事を「人の心を動かす素晴らしい体験を提供して、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくこと」と定義している。
心を動かす体験をキーワードに、デジタルからリアルまで幅広く事業展開している。
デジタルでは、モバイルゲームをグローバル展開し、アメリカのハリウッドでは映画事業も行っている。
リアルでは、アウトドア専門のアクティビティ予約プラットフォーム「SOTOASOBI(そとあそび)」や、横浜駅直通の複合体験エンターテイメントビル「アソビル」を運営している。
「うんこミュージアム」や宇宙をイメージした屋内キッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」など人気コンテンツが続々誕生している。
また、スポーツ事業も始めていて、2018年からは東京ヴェルディの主要株主となり、コーポレートパートナーとして応援している。
これらは全て、心を動かす体験という点でつながっている事業だ。
一般的なエンターテイメントという事業領域にこだわってはいない。
全ての産業はエンタメ化していくという信念で、アカツキの事業を拡大している。
だから、アカツキの事業以外でも、企業やアーティスト、クリエイターへの投資も含めて、幅広い領域に事業展開しようとしている。
ハートドリブンの「ドリブン」とは身体の内側から出てくる原動力という意味で、「ハート」と組み合わせて、「一人ひとりが自分のワクワクする感情に突き動かされて行動する社会をつくろう」ということを表現しているという。
塩田元規氏は、1983年生まれの36歳。
横浜国立大学を卒業後、ディー・エヌ・エーに入社し、2010年(27歳)に香田哲朗氏とアカツキを創業。
2016年の33歳の時にマザーズ市場に上場し、2017年には東京証券取引所一部に変更した。
2019年3月期の決算は前年対比で28%の売上増の281億円、営業利益も29%増の136億円だった。
まさに破竹の勢いの新進気鋭の会社だ。
時代は大きく変わっている。
そして、ますます時代は、「論理や合理性から感性」の時代になっている。
感性とは、「ワクワクドキドキ」「ハッとする」「驚く」「感動する」「温かなぬくもり」「感じる」…。
感性を磨き…
もっと、目に見えないものを大切にする力を身につけたい。


      ハートドリブン
広島ブログ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村<


.10

素敵な話

素敵な話 《出来事をどう捉えるかが重要》

【出来事をどう捉えるかが重要】
斎藤一人さんの心に響く言葉
     「人の心に灯をともす」より
私たちは幸せになるために生まれてきました。
その「幸せになる」というのは“権利”ではなく、“義務”なんです。
みんな一人ひとりが自分を幸せにしたら、世界中の人が幸せになって、この世が天国になります。
神様もそれを望んでいるし、そのことを前提にして「この世のしくみ」をつくっているんです。
そのことがわかっている人は、自分に起こる出来事をすべて「幸せになるための種」と考えるんだよね。
でも、逆にそのことがわかっていないと、どうなるかわからない将来のことを不安に思って「取り越し苦労」をしたり、過去の失敗をいつまでも引きずって「持ち越し苦労」をしたり、人の不安まで背負って「持ち出し苦労」をしちゃうんです。
たとえば病気って、するときはするようになっているの。
ケガもするときはするの。
それで、ケガをしたときは「ケガをしたんだ」と思えばいい。
病気したときは、ただ病気したの。
そうすると、健康のありがたみがわかったり、そこからいろんなことを学んだりするんだよね。
そして、「どうすれば病気でも上品に生きられるか」とか、「周りの人に心配をかけずに生きられるか」とか「自分の心が落ち込まないように生きられるか」とか、起こったことから「幸せになれること」を考えればいいんだよ。
「幸せ」とは“心のあり方”だから、その出来事をどう捉えるかが重要なんです。
斎藤一人さんは「捉え方」が大事だという。
『よく「過去は変えられないけど、未来は変えられる」って言うけど、一番に変えなきゃいけないのは「今」なんです。
今、不幸な人は、不幸なことを考えているから、未来も不幸になるよね。
過去に起こってしまった出来事を変えることはできないけど、そのことの“捉え方”を変えることはできるんだよ。
そうすると、過去に起こった不幸な出来事も捉え方を変えて「幸せの種」にすれば、未来も幸せになるんです。』
目の前に起こる現象には「幸」も「不幸」もない。
すべては「捉え方」や「見方」で変わってくる。
貧乏や、病気や、事故など、厳しい現実があったから今の自分がある、「ありがたい」と思う人もいれば、自分はツイてなかった「不幸だ」と思う人もいる。
そのためには、ことあるごとに自分の「機嫌を取る」ことが大事。
なぜなら、自分の機嫌を直すのは自分しかいない。
人に機嫌を取ってもらうということは、「おべっかを使ってもらう」ことであり、「おべんちゃらを言ってもらう」こと。
「出来事をどう捉えるかが重要」
いつも上機嫌で、物事を「軽く」「明るく」捉えることができる人でありたい。


      人生の質が変わる
広島ブログ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

.17

素敵な話

素敵な話  《遊びと仕事が同じになる》

【遊びと仕事が同じになる】
ゴディバジャパン社長、ジェローム・シュシャン氏の心に響く言葉
   「人の心に灯をともす」より
好きなことを仕事にすると、仕事はゲームのようになります。
遊びと仕事が同じになるのです。
それは弓道のようなものです。
的(ターゲット)があるので、それを楽しむと同時に、もっと向上するために射撃のフォームをいつでも改善することができます。
それは無限の追求と努力です。
これはビジネスでも同じことだと思います。
あなたがヒットしたかミスしたかは、弓道の的のように市場にいるお客様(ターゲット)が教えてくれます。
ミスをしたときは、ビジネスのフォームを改善するよいタイミングです。
あなたはチームと一緒に、会社のビジネスモデルとプロセスを調整すればよいのです。
この「ゲーム感覚」を仕事に取り入れることができたらなら、仕事はますます楽しくなると思います。
将来の会社では、仕事と遊びは本当に統一されるのではないでしょうか。
仕事は遊びになり、遊びは仕事になります。
「仕事」と「遊び」には、ともに「楽しみ」と「努力」があると私は考えています。
しかし、この考え方が浸透するには、日本はまだ時間がかかると思います。
古いタイプの考え方がまだ根強く残っているからです。
日本人は仕事とお金を結びつけ、趣味はお金と結びついていないので重要ではないと考えますが、私には物事が違ってみえています。
もっとも重要なことは、考え方です。
あなたが何かを「一生懸命」にするならば、「仕事」も「趣味」も同じなのではないでしょうか。
私たちは自分の好きなものを見つけなければなりません。
そして、努力と規律でそれをやる。
これが「仕事」の本当の意味ではないでしょうか。
これからは、私たちは遊ぶように働き、そして、仕事をするように遊ぶべきだと思います。
こういう考え方は、これからの時代の、会社や個人の精神的な進化に繋がると私は考えています。
ジェローム・シュシャン氏は、「働き方」について本書の中でこう語っている。
『2019年4月に経団連会長が「終身雇用を続けるのは難しい」と発言し、ニュースになりましたが、これが現状だと思います。
しかし、このような状況になっても、「ひとつの会社で頑張るべきか、転職してキャリアを積み重ねるべきですか」と、私に聞いてくる日本の方が多くいます。
いまや、その問いかけ自体がナンセンスなものとなりつつあります。
多くの日本人が自分の意志とは関係なく、転職する時代が来ているのです。
それなのに、なぜひとつの会社で頑張ろうとするホワイトカラーが存在するのでしょうか。
大手企業や伝統的な上場企業で働くホワイトカラーたちは、まだまだ大きな会社に帰属すること自体が目的となっていて、自分のキャリアアップという見方から会社を選んでいる人が少ないのではないでしょうか。
大きな会社、優良企業に入社することが目的、いい会社に入ることが人生のゴールになっている。
そんな人がまだまだ多いように思います。
しかし、いま評判のいい会社に入ること、そこでうまく働き続けるという考え方は、現在では大変リスクのある考え方になりつつあります。
なぜならば、ここ数十年だけを見ても、企業の順位は大きく入れ替わっています。
いま私たちがよく名前を聞く会社の多くは、設立されて数十年の会社です。
マイクロソフトが1975年創業、アップルが1976年、ソフトバンクが1981年、アマゾンが1994年、楽天が1997年、グーグルが1998年、いま話題のzozoも1998年です。
創業50年を超えている会社は1社もありません。
創業して20年ぐらいで、大きくなる。
これからの時代、この変化のスピードは加速されることがあっても、減速されることはありません。
就職したときにいい会社が、20~30年後もいい会社である可能性は低いと考えてよいのではないでしょうか。
変化の時代に、優良な会社に帰属することを目的とした日本人の就職への意識は、これからは足かせになると思います。』
そして、ジェローム・シュシャン氏はこれからは、「誰もが彼自身のキャリアの最高責任者であるべき」だという。
同時に、「自分のキャリアを伸ばすために、私たちはひとつの会社や、ひとりの上司に頼ってはいけないのです。自分のキャリアは、自分で作るしかないのです」と。
また、「ひとつの会社で働き続けるという日本的なやり方は、いつまでも親に保護されている子供のようです。ある時点で、私たちは家を離れ、ひとりで世界にあるチャンスと危険に直面する必要があるのです」ともいう。
自分の人生の主人公は自分。
つまり、自分という会社の経営者は自分だということだ。
終身雇用のない時代、これからは自分のキャリアを自分で高めなければいけない。
つまり、自分の価値を高め続けなければ生き残れないということ。
人生はゲームのようなものだと言われる。
たとえば、ゴルフで、打ったボールすべてが自分が思った通りの距離と場所に飛び、狙った通りにパットが入ったら、最初は楽しいだろうがやがてつまらなくなって、ゴルフをやる人は誰もいなくなる。
ボーリングでも、常に狙ったとおりにボールが転がり、全部のピンが毎回倒れたとしたら、すぐにゲームに飽きてしまう。
将棋や囲碁も、対戦相手が自らが負ける手を毎回打ってきたとしたら…
全てのゲームは、自分の思い通りにならないから面白いし、悔しいからこそまた挑戦する気もおきる。
これを「ゲームの楽しみ」という。
これを、仕事と全く同じだと思える人が、これからも生き残れる人だ。
「遊びと仕事が同じになる」
遊ぶように働き、仕事をするように遊べる人でありたい。

   働くことを楽しもう


広島ブログ
にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村



 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Chris De Burgh - Lady in Red

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ