FC2ブログ
Welcome to my blog

今日も生かされて

ARCHIVE PAGE: 2009年06月

No image

素敵な話

 漂白の俳人 山頭火の歩いた道/大山澄太(俳人)私も山頭火の庵に行って度々泊まったが、一番感激した話をしましょう。ある年の暮れ、仕事で山頭火の庵の近くまで来たので、酒を持って訪ねました。夜まで話が弾み、さて帰ろうとすると、「澄太君、すまんが長い間、人間と一緒に寝ておらんので、 寒いぼろの庵だが、ここへ泊まってくれ」という。寂しがる先輩を残して帰るのもなんだから、「それでは泊まろう」ということになっ...