FC2ブログ
Welcome to my blog

今日も生かされて

ARCHIVE PAGE: 2010年02月

No image

素敵な話 【百三歳、なお学び続ける】

「人の仕事ぶりというものは、上の人も見ていれば、下の人も見ている。一人でしているような物事でも必ず誰かが見ている。時には喜びに頬を緩めることもあるだろう。ただし、仕事の手だけは決して決して最後まで緩めてはいけない。私はそう自分に言い聞かせてきた。」と言う佐藤文悟さんの話で思い当たることがある。それは、警備の仕事をしていて、田舎の田んぼばかりの道路では、車も殆ど通らず通行人も一時間に数人というところ...