FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

自分史 H.18年10月~11月(断食体験記ー9)

入寮者で男は、自分一人だったので一人では広すぎる部屋を自由に使っていたのだが、夜になって、男性の入寮者があり、部屋での話し相手が出来た。
その男性は、元教師で60代の方で熊本から来たとの事、去年も来て、今年も健康のために来たと言われていた。やはり定期的に断食をすると体の調子が良いらしい。いろいろ世間話をしてるうちに眠くなってきて、いつの間にやら寝てしまった。
入寮4日目も、朝7時の裸療法で一日が始まった。今までは、一人だったので部屋に貼ってある、西式健康法の図説を見ながら、要領を得ずに金魚運動や毛管運動などをやっていたのだが、他の人は、どうかなと思い横目で見たが、自分と同じだったので安心した。
それから1階で温冷浴、整体調心を行った後、入寮者一人づつ身体の状態などを話す問診の時間がある。
10時30分の食事まで、時間があるので談話室で入寮者同士が雑談をすることが多いが、宿便が話題になることが多い。普通、ウ〇チの話は他人としないが、ここでは、それも老若男女入り混じって・・・それが何の抵抗なしに出来るのは、断食道場だからかなぁっと思う。
今日の食事療法も満足に出来なかった。青ドロのドロを少な目にしてもらったけど・・・
午後の自由時間、いつものように別府湾に行って、海を眺めようと思って行きかけたけど、どうも体がだるい感じがして、体力には自信があったのだが、準備食を食べていないし・・・
予定を変えて、道場から近い所にある、図書館に行った。
今までは、健康に関する本を見ることは殆ど無かったが、無意識に探して読んでいる自分に気がついた時、断食道場に来たことの意義を感じた。

 断食道場のホームページ http://www.coara.or.jp/~ryoten/


広島ブログ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー