FC2ブログ

今日も生かされて

ARTICLE PAGE

in 60歳は、やるでぇ

60歳は、やるでぇ 《一期一会物語 (1)》

-0 COMMENT
交通誘導警備員として道路で旗を振っていると様々な人と出会うことがあるが、それが楽しみになってきた。
何時も道路に車を止めて作業をしているので「すみません」と言う思いを込めて通行する人に挨拶をする。
今回の出逢いは、60代くらいの男性。広島駅の新幹線口の近くにある神社の前である。普通こちらが「おはようございます」と言うと、軽く頭を下げる人や声に出して「ご苦労さんとかおはようございます」と返してくれることが多いのだが今回の人は、突然に元気の無い暗い感じで「この神社の前を以前から通っているがお参りをしたことがない」と言って私に話しかけてきた。
何故こんな事を言うのかなと思っていると、その男性は、直ぐ近くにある鉄道病院にいく途中で体の調子が悪いと言い。この神社にお参りをしたら良い事があるかと思うんだと言うので私は、生意気に「病は、気からって言うしお参りしたら気持ちが落ち着くかも知れないし、人の心って弱い物だから・・・」なんて言うとその男性は、じゃあちょっとお参りしてきますと言って社殿のほうに向かって行った。その後姿を見ながら、この男性がどんな仕事をしてきて、地位や財産があるか知る由も無いが、あぁこの人も60数年の人生を歩んできて、様々なものを背負って、今こういう形で生かされてるんだなあっと思った。
40分位してその男性が戻ってきてびっくりした。開口一番「お参りしてよかった」「300円のお守りを三つ買った」と言う男性の顔の表情が明るくなって、話し方が別人のようになっていたのだ。
「じゃあ お元気で」と言って別れたが病院のほうに向かう後ろ姿を見ながら私も嬉しくなった。
ほんの一時間の出逢いだったが良い出逢いだった。
この男性とは、一生逢うことはないだろう。もし逢ったとしても分からない、顔も覚えていないし勿論、名前も住所も知らないのだから・・・
これでいいのだ、これが一期一会の醍醐味なのだ


                

人気ブログランキングへ
広島ブログ
  • Share

0 Comments

Leave a comment