FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

自分史 H.18年10月~11月(断食体験記ー11)

未明から吐き気がして、最悪の朝となった。
午前7時の裸療法の時も体がだるくて重い。毛管運動や金魚運動も出来ず、ただ横になっているだけだった。
午前の温冷浴療法は、水風呂と温泉に入るだけだから何とか出来たが整体調心療法の時、首にベルトを掛けてベッドが斜めになって牽引しながらの機械療法を始めてすぐに、吐きそうになったので、機械を止めてもらって、直ぐトイレに行って吐いた。
この後の食事療法も何にも口に入れられずにいたら、先生が見かねて、大分特産のカボスで作ったジュースを飲むように言われたので飲んだ。あまりの美味しさに一気に飲んで一言「道場来て初めて美味しいものを口にした」だった。
全ての物を口にしない拒食症になったのかと思っていたがジュースが飲めたことで少し安心した。
道場に来た目的が体の調子が悪いので治そうといったことが、特別あった訳でもないのだが、数日行った青ドロなどの食事療法や機械療法に対して、自分の体がこれほどの拒否反応を示すというか抵抗すると言うことは、今まで気がつかなかったが、自分の身体のどこかに悪いところがあるのでと思うようになった。
軽い気持ちで断食道場に来て、西式健康法の存在を知り、実践したら短期間でこういう状態になったのも、何かの因縁かもしれないと考え、こうなったら自分の身体と対峙して見ようと重い、続けられるところまでやることを決心して、断食の続行を決めた。
結局、この日は、5回吐いた。5回目の時には、今まで殆ど食べていないのに、茶色で酸っぱいものを大量に吐いた。

  断食道場のホームページ http://www.coara.or.jp/~ryoten/


人気ブログランキングへ
広島ブログ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー