FC2ブログ

今日も生かされて

.02

60歳は、やるでぇ

60歳は、やるでぇ 《今年もこんな気持ちで・・・》

一瞬一瞬を生ききる、その積み重ねが一分になり、 一時間になり、一日になり、一年になり、一生になる。それが悔いの残らない人生になる。
───────────────────────────────


    ベストセラー『思考の整理学』著者
     外山滋比古氏の「座右の銘」

    『致知』2010年2月号より
   http://www.chichi.co.jp/monthly/201002_pickup.html#pick5           (↑お顔の写真がご覧いただけます)

我が道を往き、自分の頭で考えることを
実践し続けて私は86歳となった。
それなりに納得のいく人生を歩んできた
という満足感はある。

しかし、さすがにここまで長生きするとは思わなかった。
人生50年くらいの気持ちで生きてきたところが、
50歳を過ぎても一向に終点が見えず、
途方に暮れているというのが
定年を過ぎた多くの人の実感だろう。

さて、これからどう生きたらいいのか、
と考えている時にこんな俳句と出合った。

  浜までは海女(あま)も蓑(みの)着る時雨(しぐれ)かな

詠んだのは江戸時代の俳人、
滝瓢水(たきひょうすい)である。
これから海に潜る海女が、
雨を避けるために蓑を着て浜に向かう。

どうせ海に入れば濡れてしまうのに、
なぜ蓑を着る必要があるのか。

浜までは濡れずに行きたい、
というのが海女の気持ちなのである。
つまり人間は、少しでも自分を愛おしみ、
最後まで努力を重ねていかなければならないのである。

この句の“浜”を“死”と捉えれば、
一層味わいが深まる。

どうせ仕事を辞めたんだから、
どうせ老い先短いんだから、
と投げやりになるのが年寄りの一番よくないところである。

死ぬ時までは、とにかく蓑を着る。
日が照りつければ日傘を差す。
そうして最後の最後まで前向きに、
少しでも美しく立派に生きる努力を
重ねていくべきなのである。(談)


人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
60歳は、やるでぇ 《あぁぁ~寒~い》
NEW Topics
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ