FC2ブログ

今日も生かされて

.06

素敵な話

素敵な話 《神様と言われた男からの学び》

「行住坐臥一切の時勢これ最善の道場」と言う言葉を知り、交通誘導員として道路上でドライバーに旗を振って誘導したり、通行人や現場近くの人への声掛けによって、いろいろなことを学ぶので自分にとって道路が道場だと思う。
交通の妨げになっているのに自分に対して会釈をしたり、手を上げて通過してくれるドライバーがいたり、「こんにちは~」「ご苦労様です」と言ってくれる小学生がいたり、年配の方に「雨の中、大変ですね」と労わりの言葉を掛けてもらうことがあると日本人のもつ「和」の心を教えてくれるこの職場が道場。
これからも武道家の塩田剛三の言う合気道の極意の「自分を殺しに来た人と友達になるのが最強の技」を身につけるべく、会った瞬間、相手と一体になれる修行をしていきたいと思うのだが・・・
一体になるとは、柔道をやっていた者として思うに、柔道の極意である「相手が押してくれば引き、引いてくれば押す」で対処するってことかなぁ 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「本当の学びとは」
           
    ジャック・パイエ(合気道無限塾主宰)
             『致知』2008年11月号「致知随想」
              ※肩書きは『致知』掲載当時のものです
         株式会社 致知出版社http://www.chichi.co.jp/

 私が合気道という言葉を知ったのは約三十年前、
 大学生の時でした。
 
 ブルース・リーに魅せられて
 フランスの古武道の道場に通っていた私に、
 ある道場生がビデオを見せてくれたのです。

 そこには道着に袴姿の小柄な年配の男性が登場していました。
 驚いたことに、その男性は何人もの大男を、
 目にも留まらぬ速さで次々に投げ飛ばすのです。
 
 しかも、表情は穏やかで、その動きに少しも無理がありません。

 思わず目を見張りました。
 
 と同時に「これはインチキではないか」という疑問が湧き、
 ぜひ日本に行って確かめてみたいという衝動に駆られました。
 
 いま振り返ると、この時の思いが私の人生を決めたのだと思います。

 その武道家は塩田剛三という、その道の達人でした。

 若くして合気道創始者・植芝盛平先生の門を叩き、
 内弟子として技を究められた方でした。



 

 塩田先生に会いたいという思いは日に日に募り、
 僅かな貯金を手に、大学卒業と同時に
 フランスから日本へと飛び立ちました。

 その頃の私は日本に対する知識は皆無に近く、
 日本語も喋れません。インターネットなどない時代です。
 
 来日に当たっては日本の知人に先生が主宰する
 養神館(東京)の連絡先を調べてもらい、
 自分の足で探し回って入門を申し込んだのです。

 近くに安いアパートを借り、道場には毎日足を運びました。
 ビデオで見た華麗な演武に憧れて入門したものの、
 日々の稽古は地味な基本技の繰り返し。
 あまりの難しさに音を上げそうになることもありました。

 道場の雰囲気に慣れ、仲間と打ち解けるようになった頃、
 私は大きな壁にぶつかりました。
 貯金が底をついたのです。
 
 未練はありましたが、帰国の決意を固め、
 先生のご子息・塩田泰久さん(現館長)にその旨を伝えました。
 
 すると泰久さんは「そんなに合気道が好きなら」と
 塩田先生を紹介くださいました。

 この時、先生にかけていただいた言葉は
 終生忘れないでしょう。
  
 「あなたにチャンスを与えます。
  三か月間、道場で寝起きして稽古をしなさい。
  ただし朝早く起きて掃除をし、
  一日六時間の稽古に出るんですよ」。
  
 私は胸が熱くなりました。
 以来、道場一階の部屋で他の内弟子と寝食を共にしながら、
 毎日六時間の稽古に汗を流しました。
 
 三か月の約束は四か月、五か月と延び、
 一年経った時に、内弟子として認めていただいたのです。

 私たち西洋人は、頭で考え納得できるもの以外は
 なかなか受け入れません。
 しかし道場には、技を細かく説明してくれる
 先輩はいませんでした。
 
 「技は盗むもの」と教わり、先生や先輩の動きを観察し、
 見様見真似で技を身につけねばならないのです。

 入門から数年が経ち、技が上達してくると、
 塩田先生に随行し、演武の受け身を
 取らせていただく機会も増えてきました。
 
 技のタイミングやスピードを直接学べるのはもちろんですが、
 それ以上に先生の日常生活に教わることが数多くありました。

 先生は
 
 「行住坐臥一切の時勢これ最善の道場」
 
 という禅の言葉を好んで口にされ、
 それだけに日常生活のすべてを修業と考えておられました。
 
 内弟子にとっては、そういう師の呼吸を一瞬にして掴み、
 先を読んで行動するのも大切な修業です。
 
 例えば、先生が事務室を出られる時は、
 必ず先回りしてタイミングよくドアを開けねばなりません。
 
 広い事務室には三つのドアがあり、
 先生がどのドアから出てこられるかを
 足音や気配で敏感に察知して、即座に動く。
 
 風呂に入られる場合も同様で、
 先生が入られる時間を見計らい、最高の湯加減でご案内する。

 ご多忙な先生は接客などが長引くことも多く、
 先を読んで動くのは大変でした。
 
 しかし、一瞬でもタイミングを逃すと
 内弟子として失格だと自分に言い聞かせていましたので、
 常に真剣勝負の気構えで臨みました。
 
 不思議なことに、こういう訓練を重ねるうちに、
 道場でも相手の呼吸や動きが
 自然に読み取れるようになったのです。

 またそのことで先生の信頼を得られたのは
 何より幸せなことでした。

 通算八年間の内弟子生活を終えた私は
 ヨーロッパの道場で指導をした後、
 二〇〇〇年にロサンゼルス、
 二〇〇六年には京都で道場を開設しました。
 
 現在も大学で仕事をしながら
 二つの道場で指導を続けていますが、
 合気道中心の生活は決して楽ではありません。
 家族を養うために副業を優先し、
 三年ほど稽古を休んだ時期があります。

 そういう時は、職場を道場と思い、
 仕事に打ち込みました。
 
 パソコンを打つ場合は身体のバランスを取る、
 歩く時には身体の中心線を意識するといった
 武道の基本を絶えず意識したのです。
 
 三年後に稽古を再開し、久々に参加した演武会では、
 美しい技を披露することができました。

 合気道を通して、私は「学ぶ」とは
 どういうものかを教わりました。
 
 月謝を払い、それに見合う分だけ
 手取り足取り教えてもらう
 ギブ・アンド・テイクの考えだけでは、
 本当のものは伝えることができません。
 
 大事なことはあくまで「ギブ」であり、
 「テイク」ではないということで、
 与えれば与えるほど多くのものが
 自分のものとなって戻ってくるのです。
 
 また師と一体となって教えを素直に受け入れる、
 教わるのを待つのではなく、
 すすんで盗み取ろうとする姿勢が学びの原点なのだと思います。

 合気道は和の武道と言われます。
 相手を力ずくで倒そうとせず、
 一つになる気持ちがあって初めて技は相手に通用します。
 
 塩田先生は会った瞬間、相手と一体になれる方でした。

 合気道の極意について先生はある時、
  
 「自分を殺しに来た人と友達になるのが最強の技だ」
 
 と話されたことがあります。
 それを思うと、
 この道は限りなく深く修業をゆるがせにできません。


人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
カッコいい!サッカーの長友
NEW Topics
学校守衛物語ー100 《桜が咲いた》
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Julio Iglesias - Amor

Spanish Eyes - Engelbert Humperdinck

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ