FC2ブログ

今日も生かされて

.03

素敵な話

素敵な話 《幸せって・・・》

誰もが幸せになろうとして生きているのだが・・・
──────────────────

ヤシの木の下で昼寝をすると、
   幸福になれるのか?   楽園にいたカロザース
          (高森顕徹著 光に向かって 100の花束より)


 女と靴下、それは戦後、強くなったものの代表とされている。

 靴下を、かくまでも強いものにした革命的繊維、ナイロンを発明したのは、アメリカのカロザースである。

 勤め先のデュポン社は、この天才化学者に、万人垂涎の約束をしていたそうだ。

「生涯どこへ海外旅行をしようが、どんな高級レストランやバーで飲食しようが、費用の一切は会社が持つ」
というのである。

 デュポン社としては、この天才技術者を、他社に引きぬかれたりしたら、たいへんだと考えたにちがいない。

 もし、カロザースの、ごきげんを損じて、ナイロンの秘法を、どこかの会社にもらされたりしたら、元も子もなくなる。

 彼の一生の遊び代ぐらい保証しても、いたって安いものと考えたのだろう。

 ところが、天国の楽園にいるみたいな、そのカロザースが、41歳という若い身で自殺してしまったのである。

 ここで、人間の幸福とはなにか、を考える一つの小話を紹介しよう。

 所はある南の国。登場人物はアメリカ人と現地人。

 ヤシの木の下で、いつも昼寝をしている男をつかまえて、アメリカ人が説教する。

「なまけていずに、働いて金をもうけたらどうだ」

 男がジロリと見あげて言う。

「金をもうけて、どうするのだ」

「銀行に預けてふやせば、大きな金になる」

「大きな金ができたら、どうする」

「立派な家を建て、もっと金ができれば、暖かい所に別荘でも持つか」

「別荘を持って、どうするのだ」

「別荘の庭のヤシの下で、昼寝でもするよ」

「オレはもう前から、ヤシの下で昼寝をしている」

 このアメリカ人を全人類におきかえてもよいだろう。

 こんな幸福論の破綻を、カロザースは、マザマザと見せているようである。



人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
レディー・ガガは、素晴らしい
NEW Topics
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ