FC2ブログ

今日も生かされて

.01

甦れ美しい日本

神に祈る名医 福島孝徳

福島先生の手術中の姿をテレビを通して何度か目にしているが、いつも感じることは、この人は、神の領域に達してる人だなぁと思う。無限の愛のシャワーを振りかけている姿に・・・日本人の根幹を成す武士道精神を持つ、武士が今も現存していることに感動する
──────────────────────────────
『おどけるブラック・ジャック』 
                国際派日本人養成講座より抜粋 
               http://blog.jog-net.jp/

「〇〇さーん、福島先生ですよ」と、おどけて自分自身を紹介する声に、手術台の上の患者も、取り囲んでいた医師や看護婦たちの間にも、どっと笑いが起きた。「どうですかぁ? これから手術をしますけど、世界の福島先生が技術を尽くしてやりますからね。」

 患者の方も微笑みかえす。「福島先生」のおどけぶりが、手術を前にした患者の緊張感を消し去っていく。

 脳外科医として世界トップクラスの実力を持ち、アメリカを本拠地としながらも、年に何回か日本やヨーロッパで出張手術を行う福島孝徳氏のあだ名は「ブラック・ジャック」。手塚治虫が漫画で描いた天才医師だが、その明るさはだいぶ違う。

 しかし、氏の明るさは医師として計算された面もあるようだ。本人はこう語っている。

 医者の態度一つで患者さんはね、天国も地獄も味わうんです。
医者が見せた表情や口にした言葉次第では患者さんはものすごい不安にさいなまれる。そんなのちょっと考えれば分かるはずなのに、愛情をもって接する医者が少なすぎる。
「神に祈りながら、必死で病気と闘っている男」

 神の手をもっていないからこそ、福島氏は手術の時に祈る。「神様、どうかこの人を救って下さい」「どうか、私にこの人を救う力を貸して下さい」と。

 非常に症状の重い患者が大勢、集まって来る。だから、手術はいつも命の瀬戸際に立つような大手術となる。自分の技術と知識と経験をすべて出し尽くしても、助かる可能性が100%になるとは限らない。だから天に向かって「助けてくれ!」と心の中で叫ぶ。

 その思いがかなわない時には、自分の力のなさを恨む。「神様、どうしてこんなに難しい病気をお作りになったんですか」と思ったりもする。

 けれども、「神の助け」が働くこともある。これまで何百回も何千回も神に助けられてきた。

 私は「神の手を持つ男」ではなくて、「神に助けられてきた男です。
「神のように病気を治す男」ではなく、「神に祈りながら、必死で病気と闘っている男」です。
「神に祈り、母国を念じ、人のために尽くす」

 神にこういう敬虔な思いを抱くのは、福島氏の父親が明治神宮の神官だったからだろう。母親も代々神職を務めた家に育った。

 神官は白足袋を履く。拭き清められた板敷きの床を、音も立てずに白足袋で歩を進める神官の姿こそ清々しい。

 福島氏も、手術の時に白足袋を履く。その理由の一つは「動きやすいから」。現代の最先端手術では。顕微鏡はフットペダルで調整し、電動のツール類もフットスイッチがよく使われる。そういう細かな動きをするには、通常の厚手のソックスよりも、足袋の方が向いている。しかし、理由はそれだけはない。

 歌舞伎の舞台じゃあないですけど、大事な仕事場、神聖な場所に入る時、やはり日本人は白足袋をはくでしょ。まあ、最近の人はそう言ってもピンとこないかもしれませんけど、私にとってのオペ室は、役者にとっての舞台と同じ。だから足袋なんですね。そんなわけでアメリカでオペする場合もはいているんですよ。

 こういう福島氏だから、世界をまたにかけた活躍をしていても、心の中には常に「日本」がある。

 アメリカに行ったって日本をいつも意識していたし、気になっていたし、アメリカにできて、日本にできないことが見つかるとむしょうに腹立たしく感じてきたんです。

 海外で生活をすると、愛国心というのはさらに強くなる。日本代表でアメリカへ行ったわけじゃあないんだけど、やっぱり外国には負けたくないと思う。日本は、日本人はこれだけすごいんだぞ、と目にもの見せてやりたくなる.

 もちろん、アメリカにはアメリカの素晴らしさがあるが、それを日本の後輩たちに伝えることも、母国日本のためになることだ。

 もちろん、アメリカやヨーロッパなど多くの国の若い医師にも分け隔てなく指導をしています。でも、やっぱり国を愛する者ですから、素晴らしい名医が日本から誕生し続けてくれれば、ストレートに嬉しいんです。

 ひたすらに神に祈り、母国を念じ、人のために尽くす。福島氏の生き様は、日本人の伝統的な生き方そのものなのである。


人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
名医になるか「梅ちゃん先生」
NEW Topics
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ