FC2ブログ

今日も生かされて

.09

甦れ美しい日本

甦れ美しい日本 《自民党稲田議員を応援する》

 
『稲田朋美の国会論戦真剣勝負』  
         国際派日本人養成講座より

「国会に真摯で活発な議論がないことが、日本の民主主義にとっての一番の悲劇」

「大臣の認識が足りないと言わざるを得ない」

「ところで、大臣、ことしの1月4日は何をされていましたか」といきなり稲田朋美・衆議院議員は赤松広隆・農水相に切り込んだ。平成22(2010)年3月11日、衆議院農水委員会でのことである。

 赤松農相は、妻と子どもの3人で1月2日から4日までグアム島にプライベート旅行をしていた、と答えた。

 今の大臣のお答えを聞いて、私も悲しいし、多分、日本全国の農家の方々は悲しいと思います。

 というのが、1月4日、昭和40年から、総理とともに農水大臣、当時の食糧庁長官も、ずっと伊勢神宮に参拝しているんです。毎年毎年伊勢神宮に参拝をいたしております。・・・

 奥様とグアム旅行に行かれる、それはいいですよ。でも、農家の代表として、伊勢神宮にアマテラスオオミカミが祭ってあって、稲作なんですよ、大事なことだから、昭和40年からずっと毎年毎年、農水大臣、それから食糧庁長官、局長、それが日本の農家を代表して五穀豊穣を神様に願う、そういった謙虚な気持ちで参拝をしているわけですが、どうして行かれなかったんですか。

 赤松は「職務として行けという話は聞いたことがございませんでしたし、前例も調べるつもりもなかったので」としらを切った。45年も続いていて、総理に同行する、そんな重要行事を農水省の官僚が大臣に伝えなかったはずがない。

「そんな悪いことをしたという意識はありませんが」という赤松農相を、稲田はこう切って捨てた。

 私は、やはり五穀豊穣を願う農水大臣としては伊勢神宮に参拝をしていただきたかったし、稲作というのは、単に産業では無くて日本の文化でもあります。国柄でもあるし。農業と言うには日本の国民の生き方、生活の基本だと思うんですけど、その点について、私はやはり大臣の認識が足りないと言わざるを得ないと思っております。

「ここに大切なものがあるのだ」

 大阪で弁護士をしていた稲田議員は、選挙に出るまでは、農業問題に関心もなく「他人事」のような気がしていた。しかし選挙に出ることになって、約40年ぶりに故郷の福井に戻り、選挙区内を走り始めて、気がついた事があった。

暑い夏の昼下がり、いたるところで田んぼで作業をしている農家の人々に出会いました。それは、なんとはなしにわが国の原風景に感じられ、ここに大切なものがあるのだ、という実感が湧き上がってきました。日本文化の源はこういうところで育まれてきたのだ。----そんな思いも湧いてきました。農業問題が身近になった瞬間でした。

 自身でも一緒に田植えや稲刈りをして、その重労働ぶりを体験した。

 今回の選挙で気がついたことは、なぜか私の支援者の多くは神社の前か田んぼの前で待っているということです。村の神社を中心として田んぼがあり、生活があり、文化があります。そして、おコメを作り、村落で生活し、神社を中心として村の文化を守ってきている・・・

 日本文化の源である稲作、日本の景観を形づくる水田、日本の主食であるコメ、これを守っていく、子々孫々までつなげていく----という観点が、農業政策にはことのほか大切なことだと思っています。

 こういう思いを抱いている稲田議員にとって、農業を守るべき農相が、五穀豊穣を祈る伊勢神宮参拝をすっぽかして、グアム島に遊びにいったのは、堪えられないことであったのだろう。

危機感がなく、不真面目、謙虚さにかける

 赤松農相の政治姿勢をよく表すのが、この議論の翌月4月20日に宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)への対応である。

 4月27日に、政府支援を求めてきた東国原宮崎県知事らと会談し、早急な対応を約束したが、30日には予定通り、メキシコ、キューバ、コロンビアへの9日間もの外遊に発ってしまったのである。

 自民党が政府に被害拡大の防止措置と外遊中止を要請したが、赤松農相はその要請も無視した。外遊の間に問題は拡大し続けた。

 五穀豊穣を祈る伊勢神宮参拝の不参加を強く諫めた稲田の発言を真面目に受けとめていたら、こんな不見識な対応をとらなかったかも知れない。赤松農相の姿勢について稲田議員はこう評している。

 この大臣の行動は民主党政権の政治そのものです。そのことを国会で追及されても恬(てん)として恥じる様子はありません。危機感がなく、不真面目、謙虚さにかける、要するに「不道徳」なのです。

「地元の現場でがんばっている人々と政策立案現場がつながっている」

 民主党政権になって、いちばん失われたものが議論だ、と稲田議員は言う。

 少なくとも自民党政権下では、党内の議論が活発にありました。部会という場で、一年生議員も自由に発言することができました。自民党議員がもっとも戦っているのが、朝8時の自民党の部会だったかもしれません。

 稲田は初当選以来、自民党農林部会にできるだけ出席して、地元の声を紹介してきた。

 地元に帰れば、賛否両論、さまざまな意見をいただきました。そして永田町に戻ると、自民党農林部会での侃々諤々(かんかんがくがく)の議論がなされます。

毎回、議論の素材となる資料が配付され、会議に出席できないメディア関係者にも配られます。私も毎回、地元の関係者に即座に送付していました。そうして何が問題になっていて、どういう議論がなされているのかといった状況が逐一『日本農業新聞』などで全国に紹介されます。

こうして地元の現場でがんばっている人々と政策立案現場がつながっているのは、すごいことだと実感しましたし、まさに「働き甲斐」があると思いました。

 国民に代わって議論をするのが「代議士」、すなわち国会議員の役目であり、国民が選挙で代議士を選ぶことが代議制民主主義の本質である。
「国会に真摯で活発な議論がないことが、日本の民主主義にとっての一番の悲劇」

 冒頭の伊勢神宮参拝に関する質問の後、稲田は赤松が新年の(在日本大韓民国)民団の新年会で行ったスピーチを取り上げた。

 前年の選挙での民団の支援のお陰で政権交代が実現した事を感謝し、それは在日韓国人の地方参政権を願っての思いであるから、この「公約」を必ずこの通常国会で実現する、という内容だった。このスピーチに関して、稲田議員はこう批判した。

 ですから、大臣は、民団の方々に選挙支援をしてもらったその見返りとしていわば地方参政権をお与えするとお約束をされたんですよ。こういうのを選挙のために国を売るというんですよ。

 稲田議員の鋭い舌鋒に、赤松大臣がどれほどまともに答えられたか、は読者の想像にお任せする。しかし、このような真剣勝負の論戦を挑まれる事で、政治家も官僚も緊張感を持って仕事をしなければならない事に気がつくはずだ。

 国会は国民の「代議員」が議論する場であり、それは議会制民主主義の根幹である。稲田議員は言う。

 国会に議論がないことは、自民党政権下でも同じだったともいえます。与党の質問はあらかじめ台本のある演劇のようなもので、野党の質問は法案に直接関係のないあら捜しです。

 最大の言論の府である国会に真摯(しんし)で活発な議論がないことが、日本の民主主義にとっての一番の悲劇だといえるでしょう。

 国民の意見を代弁して国会で議論のできる「代議員」を選ぶこと、それが議会制民主主義社会を維持するための国民の義務である。

(文責:伊勢雅臣)


稲田朋美・「私は日本を守りたい」出版記念      
       


人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
甦れ美しい日本 《自民党圧勝とアセンション》
NEW Topics
学校守衛物語ー100 《桜が咲いた》
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Julio Iglesias - Amor

Spanish Eyes - Engelbert Humperdinck

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ