FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

今日は、父の日

この話に出てくるお父さんは、49歳で突然亡くなった。誰もが100%死を迎えるのだが、先日亡くなった京丹後市の木村次郎右衞門さんのように116歳まで生きる人がいるかと思えば、1歳の誕生を迎える前に亡くなる赤ちゃんもいる。
様々な年齢で様々な形で亡くなるのは、その人その人が持って生まれた決まり事のようなに思う。
色々な人と出逢い、喜怒哀楽を体験して、わが人生がお開きとなる。ただそれだけだ・・・


──────────────────────────────────
 致知出版社 おかみさん便り より
この話は『致知』2004年11月号「致知随想」で紹介された
井坂晃氏(ケミコート名誉会長)のお話です。

この記事を読んだ後、しばらく言葉にならない悲しみと深い感動があり、
   「親はいつまでも元気でいてくれるということは
    私のただの願いであり、別れは突然に訪れることがある」
という現実に、目を覚まされた思いがした事を、今でも時々思い出します。

「親が生きているうちに親孝行を・・・」
という私からのメッセージとともに、私のように親を亡くされた方には

「偲ぶことも親孝行となる」

と語られていた大谷派淨信寺副住職の西端春枝氏の言葉のように
父の日の今日、亡き親を偲びながら、以下のお話をお読みいただければと・・・

********************

 この夏の七月二十九日、弔問のため九十九里に赴いた。
 弔問客は四十人くらいであったが、
 私にとってこの葬式は、抑えがたい悲しみと感動が相俟って心に強く焼き付いた。

 故人は、当社社長・中川の義弟・菊崎氏である。

 中川の説明によると、故人は四十九歳。
 妻(中川の妹)、高校三年の息子、
 そして中学二年の娘を残して逝ってしまったのである。

  故人は二十五日日曜日の昼過ぎに、
 不運にも誰もいない自宅で倒れてしまったという。
 
 奥さんはその日たまたま仕事に出ていた。
 成東高校の三年生で、サッカー部のキャプテンを務める長男は、
 練習のためやはり出ていた。
 
 片貝中学二年の長女も、所属するバスケットボール部の活動で出かけていて、
 家族全員留守の間の出来事であった。

 私が中川からその知らせを受けたのは、翌二十六日の朝であった。
 午後には、通夜は二十七日の夜、葬儀は二十八日と決まったようだ。

 ところが、夕刻過ぎに再び中川から電話が入った。
 
 「実は、誰もいない所で死んだ場合は、
  司法解剖をしなければならないそうです。
  ですから、まだ葬式の日程を決められませんので、
  決まり次第また連絡いたします」  
 とのことだった。

 司法解剖の結果、死因は心不全と分かった。
 日程を改め、通夜は二十八日午後七時、
 葬儀は二十九日午前十一時から行われることになった。

 その間、中川から菊崎氏の横顔を少し聞かされていた。
 北海道出身で、高校時代は野球部に所属し、優秀な選手であったこと。
 
 高校卒業後は野球ではなく、料理の修業のためにドイツへ三年間留学したこと。
 お酒が好きだったこと……。

 それにしても、四十九歳という若さで亡くなった。
 本人の無念を思うと、心が痛む。
 
 二十九日は、小笠原諸島付近に大型の台風があって、
 珍しく西にゆっくり進んでいるとのことだった。
 
 その影響で、朝のうち房総半島は
 時折にわか雨に見舞われる悪天候だったが、
 十時前には雨も上がり、
 びっくりするほど澄み切った青空が広がった。
 
 十一時少し前に、葬式の会場である九十九里町片貝の公民館に入った。
 会場の大部屋は畳敷きで、棺の置かれた祭壇の前には、
 すでに遺族と親戚の方々が座していた。
 
 私は中川夫婦に黙礼をして後方に並んでいる折りたたみ椅子に腰掛けた。
 
 祭壇の中央では、故人の遺影がこちらを向いてわずかに微笑んでいる。  
 ドキリとするほど二枚目で、その表情からは男らしさが滲み出ていた。

 会場には私のほかに高校生が五、六人、
 中学生の制服を着た女の子が数人、
 そして私のような弔問客が三十人くらい座していた。
 
  葬式は十一時ちょうどに始まった。
 
  しばらくして全員の焼香が終わると、
 進行係の人がマイクでボソリと「弔辞」とつぶやいた。

 名前は呼ばれなかったが、前列の中央に座っていた高校生らしい男の子が立った。
 
 すぐに故人の長男であることが分かった。
 私には、彼の後ろ姿しか見えないが、手櫛でかき上げたような黒い髪はばさついている。
 高校の制服らしき白い半袖シャツと黒い学生ズボンに身を包み、白いベルトを締めていた。

 彼はマイクを手にすると故人の遺影に一歩近づいた。

 「きのう……」。
 
 言いかけて声を詰まらせ、気を取り直してポツリと語り始めた。
 
 「きのうサッカーの試合があった。見ていてくれたかなぁ」。
 
 少し間をおいて、
 
 「もちろん勝ったよ」。

 二十八日が葬式であったら、彼は試合には出られなかった。
 司法解剖で日程が一日ずれたので出場できたのである。

 悲しみに耐えて、父に対するせめてもの供養だとの思いが、
「もちろん勝ったよ」の言葉の中に込められていたように思えた。

「もう庭を掃除している姿も見られないんだね、
 犬と散歩している姿も見られないんだね」

 後ろ姿は毅然としていた。
 淋しさや悲しみをそのまま父に語りかけている。

「もうおいしい料理を作ってくれることも、
 俺のベッドで眠り込んでいることも、もうないんだね……」

 あたかもそこにいる人に話すように、

「今度は八月二十七日に試合があるから、上から見ていてね」

 その場にいた弔問客は胸を詰まらせ、ハンカチで涙を拭っていた。

「小さい時キャッチボールをしたね。
 ノックで五本捕れたら五百円とか、十本捕れたら千円とか言っていたね。
 
 二十歳になったら『一緒に酒を飲もう』って言ってたのに、
 まだ三年半もある。

 クソ親父と思ったこともあったけど、大好きだった」

 涙声になりながらも、ひと言、ひと言、
 ハッキリと父に語りかけていた。

「本当におつかれさま、ありがとう。
 俺がそっちに行くまで待っててね。さようなら」

 息子の弔辞は終わった。

 父との再会を胸に、息子は逞しく生き抜くだろう。


人気ブログランキングへ
広島ブログ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー