FC2ブログ

今日も生かされて

.13

素敵な話

素敵な話 《体は神からの借り物》

あの人もこの人も私も60兆の細胞で出来たレンタル肉体でこの世を生かされている。
「死」とは、レンタル肉体スーツを脱ぐだけのことかぁ・・・
それに地球人の70億総ての人の顔形や色を駆使して区別できるように、作られているんだから、まさにこれぞ神業だ!!

____________________
筑波大名誉教授、村上和雄氏の心に響く言葉…
       人の心に灯をともすより

自分の体は自分のものだと思っているかもしれませんが、実は私たちの体はすべて借りもの、要するに“レンタル”なのです。

レンタルですので、期限が来れば返さねばなりません。

これが「死ぬ」ということです。

貸し主は地球、宇宙、そして神です。

体は地球や神からの借りものという考えは、昔から日本にあります。

神は、私たちに体を貸した際、レンタル料、まあ利息と表現してもいいですが、そういうものを取るようなケチ臭いことをしませんでした。

すべての人に対して無償で貸してくれたわけです。

それでは、借り主は誰でしょうか?

あなた?

あなたというのを仮にあなたの体と表現すると、体は60兆個の細胞でできており、それらは1年くらいで1度全部入れ替わりますから、そういう主体性のない存在に借りる権利はありません。

では、心?

そう思うかもしれませんが、そうではない。

なぜなら、心はしょっちゅう変わります。

細胞と同じです。

入れ替わるというか、心はその時の状況や感情でどんどん変化します。

昨日の考え方は、今日にはありません。

こんな不安定なものに体を貸せるわけがありません。

すると、残っているのは魂しかありません。

「三つ子の魂百まで」と言いますが、「三つ子の心百まで」とは言いません。

心も体も日々、入れ替わっているからです。

心は、確かに私の一部ではありますが、毎日変わります。

死ぬと、くやしい、さびしい、嬉しいといった心はなくなりますが、魂はなくなりません。

こう言うと、死後世界の問題は医学や遺伝子とは何の関係もない、見当外(はず)れだからよそでやれ、そもそも宗教学で議論せよとなるわけですが、よく考えてみてください。

人間は心だけで動いているわけではないのです。

潜在意識という、自分の意思(顕在意識)ではどうしようもないようなもので動いている時もあります。

そういう状況を考えると、魂こそが本当の自分であり、それに対して神が体を貸しているというのが、私の中では正解です。

『神(サムシング・グレート)と見えない世界』(矢作直樹・村上和雄)祥伝社新書

道具やモノを大事にしない人は、それは自分のモノだからどうしようと勝手だという。

しかし、一流のスポーツ選手や職人は、自分の道具やモノを、まるで人と接するように大事に使う。


「山川草木悉有仏性(さんせんそうもくしつうぶっしょう)」

道元禅師は、山や川という自然界の全てにことごとく仏性がある、とおっしゃった。

自然界のみならず、道具にも、家にも、そして、自分の身体そのものにも仏性はあるということ。

だからこそ、そこに感謝の念が生まれる。

「体は神からの借り物」

この世に二つとない自分の体に感謝し、もっと大事にしたい。



人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
血液型で性格が分かる?
NEW Topics
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編
学校守衛物語ー96 《高校推薦入試》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Chris De Burgh - Lady in Red

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ