FC2ブログ

今日も生かされて

.15

素敵な話

素敵な話 《常にベストをつくす》

「失敗の無い人生が失敗の人生」と言うくらい、人生に失敗は、付きものだ。
ただ重要なことは、同じ失敗を繰り返さないことと、被害を拡大させぬように適切に手を打つことだ。
また、失敗をしたからこそ得ることが出来ることもある。
どんな仕事も常にベストを尽くし、一所懸命やれば、必ず良い結果を引き寄せることが出来る。

────────────────────────────────
ベストをつくす人』

矢沢永吉氏の心に響く話
          人の心に灯をともすより

矢沢永吉がある年の全国ツアーを行なった際、そのツアーを取り仕切るイベンターに対して、ひとつだけ条件を出した。

「ツアーのためならヤザワ、なんでもやるよ。

ただ、ライブの後に必ずシャワーを浴びられるようにしてくれよ」

矢沢はライブで完全燃焼するため、大量に汗をかく。

だからコンサートが終わったらすぐにすっきりとした気分で、オフの自分に戻るというのを常に心がけていた。

ある地方都市のライブでのこと。

イベンターが会場に着いてみると、なんとそのホールにはシャワールームがない。

スタッフは慌てた。

ライブの時間も迫っているし、お客さんも集まり始めている。

まさか今から会場の変更などできっこない。

矢沢さんと交わしたたったひとつの約束、それを守れなかった。

イベンターはそんな自分に腹が立った。

そして何か替わりになるものはないかと町中を探し回った。

やっと手に入ったのは、子供が使うような簡易のシャワーセットであった。

とりあえず、コンサートの後ではなく、始まる前に謝罪しなければ。

もしそれで矢沢さんが怒ってライブが取りやめになってしまったら、とにかくすべての責任は自分でとるしかない。

イベンターは手違いでシャワールームが用意できなかったことを謝罪し、「こんなものしか用意できませんでした」と簡易シャワーを見せた。

「すべては僕のミスです。自分の責任です」と言って頭を上げることができなかった。

矢沢は「ヘイ、マネージャー」とそばにいるスタッフに声をかけた。

(このまま帰ってしまうのでは)そうイベンターが覚悟した瞬間、なんと矢沢は、

「これからこのイベンターが持ってくる仕事、ヤザワすべて引き受けますから」と言い残すと、颯爽とステージに向っていた。

自分のミスを潔く認め、自分にできる最大限のことでつぐなおうとしたイベンター、彼の持ってくる仕事なら間違いはないだろうという意味だったそうだ。

人はときに、取り返しのつかないような大失敗をしてしまうことがある。

しかし大事なことは、失敗してしまったという事実より、失敗をしたあとの態度や行動だ。

最悪な状況になったとき、そこで投げ出すのか、最後まであきらめずにあらんかぎりの力でベストをつくすのか。

大失敗したとき、すべては自分の責任と、人や環境のせいにせず、自分のこととして受け止める誠実な人には、必ず絶大な信頼が集まる。

どんなときも投げ出さずに、常にベストをつくす人でありたい。



人気ブログランキングへ
広島ブログ



NEXT Entry
甦れ美しい日本 《映画 「永遠のゼロ」》
NEW Topics
学校守衛物語ー100 《桜が咲いた》
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Julio Iglesias - Amor

Spanish Eyes - Engelbert Humperdinck

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ