FC2ブログ

自分史 H.18年10月~11月(断食体験記ー28)

入院6日目の朝が来た。新聞や牛乳を配達する人、洗面器片手に朝風呂に行く人などのそれぞれの一日が始まっている。
昨日の午後の診察で、今日から外出が許された。順調に回復に向かっている。午前の診察が終わってから久しぶりに外の空気を吸うことが出来た。取りあえず、道場に荷物を置きっぱなしにしているのと元気になったことを先生に見てもらうために道場に行った。
沖縄の男性は、もう退寮していて居なかった。もう少し、親しくなりたかったのだが仕方が無い・・・まぁ縁があったらまた逢えるかもしれないので、不思議な縁に期待する。
それから、大好きな柿を買いに近くのスーパーへ行った。断食中に惣菜売り場でコロッケや玉ねぎのてんぷらの誘惑に負けそうになったことを思い出した。今はもう食べても良いんだけど、未だ病院の食事だけにしていた方がいいと思い、買わなかった。
病院に戻って、待望の柿を食べた時は、うれし涙が出た。それと言うのも、食べたい気持ちを我慢していたので・・・見知らぬ土地での緊急入院なので、頼める家族もいなかったので余計に食べたくなったのだろう。
同室のYさんは、相変わらず運動のための散歩に出かけて、途中、母親の食堂によって、おかずを数点持って帰っている。私も、それを相変わらず、お裾分けしてもらって戴いている。Yさんの引き出しの中には、色々な食べ物で一杯になっている。糖尿病が進むじゃないかと心配だが、本人の自覚に任せるしかない。
午後、私も散歩をすることにした。Yさんに教えてもらった、病院から程よい距離にある、八幡浅見神社に行った。神社に行くまでの平坦な道路は、それほどしんどくなかったが境内に上がる階段では、ちょっときつかった。以前ならなんとも無い階段だが、未だ体力が落ちていることを実感した。
階段を上がり切った所に夫婦杉と呼ばれている大きな杉が二本立っていた。数百年経っていると思われるこの杉を見て、思わず「あなたのパワーを下さい」と言いながら両手を一杯に広げて抱きしめた。また、千年以上と言われている大きな楠にも、手を合わせてお願いをした。
      

散歩から戻って、風呂に入った。嬉しいことに今日も私一人の貸切状態だったので、思う存分温冷浴療法が出来て満足!!
明日にも、退院の日が決まればと祈るばかり・・・


   断食道場のホームページ http://www.coara.or.jp/~ryoten/
人気ブログランキングへ
広島ブログ

comment

管理者にだけ表示を許可する

 出逢いに感謝
ファンタスティック ツリー
プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:孝ちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

リンク
Tony Bennett, Lady Gaga - Winter Wonderl
Von Trapp Kids All Grown Up! -The Sound
ひろしま協創高校バトン部
  ツイート
カテゴリ
月別アーカイブ