FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

素敵な話 《樹とうそ発見機》

様々な色や形の花たちが私たち人間の心を癒してくれる。それもこの世だけでなく、あの世でもらしい・・・
私は、行った事がないので真実かどうか分からないが、綺麗な花々が咲き乱れ、良い香りがする所らしい。
いつもバスで通勤しているが、利用している停留所の傍に、高さ2メートル位の若い桜がある。
バス停の桜

朝、バスが来る前に、直径5センチ位の幹を握ると、根は地中深くのパワーを、幹の先端は、空のパワーがもらえるような気がするので、いつも声を掛けながらやっている。先日は、台風が来る予想だったので「強い風が吹くから気をつけろよ」と言った。
これをやるのは、一人でバスを待っている時だけで、他に人がいたらやらないようにしている。近所の人が多いので、「○○さん、ちょっとおかしいよ」と言われたら不味いので・・・
---------------------------------------------
【樹とうそ発見機】

遠藤周作氏の心に響く言葉
           人の心に灯をともすより
最近、ある本を読んだ。

トムプキンズとバードという人の共著『植物の神秘生活』(工作舎刊)という本である。

本にはびっくりするような話が書いてあった。

米国のうそ発見機検査官であるバックスターという男が出来心で、発見機の電極を竜血樹(ドラセナ)という植物につけてみた。

すると驚いたことに竜血樹はどうやらバックスターの心の動きがわかるようなのである。

好奇心にかられたバックスターはそれを確かめるため、この樹の一枚の葉を焼こうと考え、心に炎の燃える光景を思いえがいた。

瞬間、竜血樹につけた機械の針ははげしく動き始めたのである。

樹は人間と同じようにおびえたのだ。

彼の報告を読んだ人たちのなかには同じ実験を試みる者が次々と出てきた。

ヴォーゲルという人は実験の結果、植物が人間から葉をちぎられる時、どんな不安を持つか、またそういう人間の心ない気持ちにどういう反応を示すかを立証した。

彼の女友だちのウイリーはユキノシタの葉を二枚つんで、ひとつを枕元のテーブルにおき、毎朝、生きつづけるよう念じ、他の葉には関心を払わなかった。

すると枕元のテーブルの葉はもうひとつの葉が枯れてもイキイキとしていたという。

この本を読んでから、私は仕事にあきると窓ぎわの植木鉢のそばによって、色々と話しかけては遊んでいる。

本に書いてあることが確かかどうか、私にはわからない。

しかし、本当に世の植物に人間の心が通じるなら、我々の世界はなんと心あたたまるすばらしいものに変わるだろう。

「きれいな花を咲かせてくれよ」と花や木に話しかけられるのはディズニー映画の空想だけではなかったのだ。

坂村真民さんにこういう詩がある。

「二度とない人生だから

一輪の花にも

無限の愛を

そそいでゆこう

一羽の鳥の声にも

無心の耳を

かたむけてゆこう」

相手がモノ言わぬ花だから、植物だからと、平気で踏みつぶしたり、けちらしたりする人がいる。

それがもっとひどくなると、小動物に対してもそれをする。

しかし、花にも植物にも樹木にも、悲しみや痛みを感ずる心があると知ったらどうだろう。

モノ言わぬもの、言い返さないものにたいして、ひどい仕打ちをすることを「卑怯なこと」をするという。

弱いものに対するいじめも同じだ。

一輪の花にも無限の愛をそそいでゆきたい。


           生きる勇気が湧いてくる本


人気ブログランキングへ
広島ブログ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー