FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

素敵な話 《底抜けに明るい女子社員が入ってきた》

休日に、いつも決まったコースをウォーキングしていて、いろいろな人と出逢うが、挨拶する人としない人があることが不思議だなぁと思う。
やはり人は、それぞれ波動を発していて、気が合う波動と合わないは波動があるからだろうか。
いつも挨拶する人とは、決まってするが、初めて会った人と挨拶した時は、凄く嬉しい。
そんな時は、「あぁ 魂が触れ合ったな」と独り言をいう。
・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…
【こんにちは!】

志賀内泰弘氏の心に響く言葉
        人の心に灯をともすより

ある年の四月、底抜けに明るい女子社員が入ってきた。

Kさん、二十歳。

総務課へ配属された。

お客様なら「いらっしゃいませ!」、他の課員なら「こんにちは!」と大声で挨拶する。

あまりの声の大きさに、一歩退いてしまうほど。

まるで、威勢のいい魚屋さんだ。

たぶん新人なので、人事課の新人研修をバカ正直に守っているのだろう、と思っていた。

その後も、その勢いは止まらなかった。

Kさんは、ビルの廊下やエレベーターの中で、すれ違う人すべてに、

「こんにちは!」

と連呼する。

正直、少し戸惑っていた。

同じ会社の中で、全く面識のない人にも「こんにちは」と言うことに、違和感を覚えていたのだ。

せいぜい一礼するくらいが、自然ではないかと。

ところが、夏を迎える頃、社内に異変が起きた。

他の課の女性も「こんにちは」と言うようになってきたのだ。

全く、名前も顔も知らない女性から挨拶されると、ドギマギしてしまう。

小さな声で、

「こんにちは」

と返事をする部課長の姿が、アチコチで見られるようになった。

それは、人から人へと伝染していった。

やがて、男性も女性も、平社員も管理職も「こんにちは」と挨拶するようになってしまった。

すると、あら不思議、いつの間にか私自身が抱いていた違和感もなくなったのだ。

腐ったみかんが一つでもあると、みかん箱の中は全部腐ってしまうという。

kさんの場合は、その逆だ。

たった一人の元気が、全員に伝染したのである。

それも、一年かかって。

ふと思った。

ひょっとして、たった一人の力でも、世の中は変えられるんじゃないかと。

言い訳していただけじゃないかと。

会社という組織の中に、長いこと居るせいで、心がくすんでいたのかもしれない。

翌年もまた、総務課に新人が配属された。

Kさんの隣に座って、「いらっしゃいませ!」「こんにちは!」と大声が響く。

パワーは二倍になった。

脳力開発の城野宏氏の「変革の指針」の中に次のような言葉がある。

「悪条件の中で建設を推進できる者が真のリーダーである」

リーダーとは、なにも役職が上の人がなるわけではない。

たとえ新入社員であっても、変革をすすめることができる人はリーダーだ。

逆に言うなら、仮に社長であっても、変革することができない人はリーダーとは言えない。

変革とは、時間をかけて一歩ずつ一口ずつ、自分が先頭に立って、周りを一人ずつ巻き込みながら、実践をくり返すこと。

そして…

いつも、変革はたった一人から始まる。
   

        めぐりあい



人気ブログランキングへ
広島ブログ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー