FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

素敵な話 《「江戸しぐさ」は、日本人のマナーの原点》

江戸しぐさの一つの「傘かしげ」は、この言葉を知らなくても、実際は、やっているいるのではないだろうか。歩道などを歩いていて、すれ違う時にお互いが傘がぶつからないように少し傾げる事を・・・また、「こぶし腰浮かせ」は、昔、船の座席などで、後から乗ってきた人が座れるように、少しづつ寄る動作のこと。いつもバス通勤しているが、もう少し寄ったら立っている人が座れるのになぁと思う事が時々ある。スマホでゲームなどをしたりして気が付かないのかどうか分からないが残念に思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【意気に生きる】

池田葉子氏の心に響く言葉
        人の心に灯をともすより

江戸しぐさの「いき」は、京の「粋(すい)」と違って、「生きる」の「生き」。

集団になると、意気投合の「意気」だといいます。

たとえば、会合があるのに、雨や雪で人が集まらないのがわかると、今の人は「私も行くのをよすわ」と言い出したりしますが、江戸っ子はこう言いました。

「そいつあ、いけない。私が行って、なんとかしよう」

なんて言って、早や、飛び出していくのです。

意気に生きるとは、意識して元気に生きるということです。

「気」は元気の気。

元気でないと、何をしても力が入りません。

江戸っ子は「気が滅入ると、体にさわる」と言って、一に眠り、二に眠り、三四がなくて、五に目刺しに赤ナス(トマト)、を心がけていたそうです。

睡眠をたっぷりとって、しっかり栄養を摂る。

これが意気に暮らすもと。

苦しいときも、楽しいときも、いつも変わらず元気がいいのが江戸っ子の意気です。

江戸っ子は、何事も前向きに事を運んでいきます。

「だめでもともと」と屈託がないのです。

九鬼周造氏の『「いき」の構造』の中では、「いき」は次の三つに分類されている。

「媚態(びたい)」「意気地(いきじ)」「諦(あきら)め」

媚態とは、「なまめかしさ」「つやっぽさ」「色気」などだ。

意気地とは、野暮の対極にあるもので、「いなせ」「いさみ」「伝法(でんぽう)」「男伊達」「意地(いじ)」などを言い、「意気地(いくじ)なし」と使われたりする。

諦めとは、「執着を離れる」という仏教的な意味もあるが、「あっさり」「すっきり」「洒脱(しゃだつ)」と言うように、俗気がなくてさっぱりしてあか抜けていることをいう。

「人生意気に感ず」ということわざがある。

人は、お金や名誉のために行動するのではなく、相手の心意気に感じて動くのだ、ということ。

人生を意気に生きたい。


江戸しぐさ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー