FC2ブログ

今日も生かされて

.17

西式断食体験記

自分史 H.18年10月~11月(断食体験記ー31)

前回までは、平成18年10月12日~11月6日までの体験を綴ってきた。2年半前の今頃は、大変な思いをしていたと懐かしく思えることは幸せだ。 この体験を境に様々な変化があった。寝る時は、木の枕で敷き布団は桐の板になった。木の枕は、別府の道場で購入して桐の板は、正式な健康療法用の物は1万2000円位するので近くのホームセンターで一枚1860円で購入した。
食事は、朝食代わりに粉末の青汁を200ccと柿茶100ccと水道水を浄化した水を100cc飲む。昼食と夕食は、低農薬で作った特別栽培米の玄米を圧力釜で一合炊いて、2回に分けて食べていたのだが昨年の11月中旬から3月末まで勤めていたKサービスでは、まかない食として昼食がバイキング方式だったので大脱線の昼食が3ヵ月半続いた(魚は、食べたが鳥や豚の肉は食べなかったし牛は、出なかったので・・・)が現在は、真面目に小食にしている。おかずは、肉と卵は殆ど食べず、主に生野菜、温野菜で必ずキャベツを2㎝位に切ったものにポン酢と摺り胡麻を掛けて大皿一杯は食べるという以前では、考えられない食生活である。
運動療法は、残念ながら仕事が休みの日だけしか出来ないので、週末に朝と夕方の2回程、道場で購入したテープに従って、30分の裸療法の時に毛管運動と金魚運動を交互にしている。冬の寒い日、窓を開けているので雪が舞っているのを見ながらの裸療法は、厳しいと思う時もあるが・・・でも真夏の気温が36度の日の裸療法よりは、気持ちが良いと思う。
身体の変化も著しいが精神面の変化も相当変わったと思う。
それは、何と言っても西式健康法を通じて甲田光雄先生のことを知ってからである。多くの難病の人々を救い、沢山の本を出されて、肉食が如何に体に悪いかを訴えられ、野菜中心の小食を奨励され続けて生涯を終えられた素晴らしい先生である。
いつも裸療法をしている部屋に先生の顔写真を飾っているので、療法を実践している時は、いつも見られている。それが励みにもなっている。
先生の思いが、もっともっと広まることを願うばかりだ。


  断食道場のホームページ http://www.coara.or.jp/~ryoten/
人気ブログランキングへ
広島ブログ




NEXT Entry
素敵な話
NEW Topics
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ