FC2ブログ

今日も生かされて

.09

素敵な話

素敵な話 《焦点を定めて生きる》

人は生まれる時、人生のシナリオをすべて描いて生まれると言うが、一心不乱、無我夢中になれない。あっちかこっちか、しばしば迷う。この迷うのもシナリオにあるのかもしれない。

【焦点を定めて生きる】

藤尾秀昭氏の心に響く言葉
         「人の心に灯をともす」より

二宮尊徳はまさに焦点を定めて人生を生きた人である。

尊徳は天明7(1787)年に生まれ、70歳で生を終えた。

それは幕末の国家的動乱期で、内憂外患(ないゆうがいかん)の時代であった。

その時期に尊徳は貧困にあえぐ農民救済に焦点を定め、国事を一切論じず、一滴の血も流さず、一発の銃弾も撃たず、荒廃した全国600余村を復興し、疲弊(ひへい)した藩の財政を再建した。

その根本は4つの教えに尽きる。

「至誠(しせい)を本(もと)とし、勤労を主とし、分度(ぶんど)を体とし、推譲(すいじょう)を用とす」

まごころを根本に置き、懸命に働き、自分の分限に応じて暮らし、今年得たものは来年のために譲る。

子孫に譲り、社会に譲る…この報徳思想の普及と実践が、偉大な成果を生んだのだ。

また、『菜根譚(さいこんたん)』の言葉を紹介する。

「末路晩年(まつろばんねん)、君子宜(くんしよろ)しく精神百倍すべし」

物事の終わり、また人生の晩年、君子たる者は精神を百倍にして立ち向かっていけ、と言う。

また、こうも言う。

「人の小過(しょうか・小さなあやまち)を責めず、人の陰私(いんし・そっとしておきたい隠し事)を発(あば)かず、人の旧悪(ふるい悪事)を念(おも)わず。三者を以(もっ)て徳を養うべく、また以て害に遠ざかるべし」

この3つを実行すれば徳を養うことができ、つまらぬ恨みを買わないで済む、というのである。

人生、どこに焦点を定めて生きていくか。

先哲の言葉はそれを端的(たんてき)に示してくれる。

「京セラの創業期、稲盛和夫氏と共に働いた伊藤謙介氏(元社長)の話を聞いて驚いた。

寝食を忘れて働いていた伊藤氏は、東京オリンピックを知らなかったという。

狂がつく徹底ぶりが京セラの成長にはあったのだ」(同書より)

焦点を定めて生きるとは、一つ事に、一心不乱、無我夢中になること。

「地味に コツコツ 泥臭く 一点集中 コツコツ コツコツ」(田中真澄)

凡人の生きる道は、これしかない。

焦点を定めて生きれば、他人のうわさや動静などが気になることはない。

焦点を定め、コツコツと泥臭い努力を重ねたい。




NEXT Entry
素敵な話 《人にやさしくできる人》
NEW Topics
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編
学校守衛物語ー96 《高校推薦入試》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Chris De Burgh - Lady in Red

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ