FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

素敵な言葉 《自己重要感》

【自己重要感が満たされると】

植西聡氏の心に響く言葉
 「人の心に灯をともす」より

高齢化社会の影響もあり、近年、認知症にかかる人が増えてきました。

定年退職をした後、そうなる人も少なくありません。

そのいっぽうで、80歳を過ぎても、90歳を過ぎても、頭脳明晰で元気いっぱいの人もいます。

この違いはどこからくるのでしょうか。

そのことを調べようと、以前、地方のあるボランティア団体が調査を行ったことがありました。

その結果、認知症とは縁のない頭脳明晰で元気いっぱいの人は、何かに一生懸命に打ち込んでいることが判明しました。

80歳を過ぎても、診療所の所長として、医者の仕事をしている…。

85歳になった今なお、料亭の板長(料理人のトップ)として、料理を作っている…。

90歳になっても、毎朝、畑を耕し、野菜を市場におさめている…。

95歳であるにもかかわらず、彫刻家として活躍している…。

つまり、みんな、生きがいのある仕事をしていたのです。

より正確にいえば、「自分はまだまだ世の中の人から必要とされている」という気持ちで仕事に取り組んでいたのです。

世の中の人から必要とされていると思えば、「自分は重要な存在である」ということが認識できます。

それによって、自分自身の存在感が自ずと高まります。

それが励みになれば、頭脳も活性化します。

その意味で、自己重要感が満たされると、認知症の防止にもなると言えるでしょう。

『人を立てるとうまくいく』祥伝社

営業成績が最下位の保険のセールスマンが、自己啓発作家で人間関係の大家として知られていたデール・カーネギーに相談したところ、彼から受けたアドバイスははたったの10分だったという。

そのセールスマンはそのアドバイス通りのことを実践したところ、1年後にはトップセールスマンになった。

そのアドバイスとは…

「相手の自己重要感を高める」こと。

すなわち、「人を立てる」こと。

自己重要感とは…

「自分は重要な存在であると思われたい」

「他人から能力を認めてもらいたい」

「他人よりも優れていたい」

「周囲の人から尊敬されたい」

(以上本書より要約)

自己重要感と真逆にあるのが、存在の「無視」。

人は、存在を無視されると、生きているのがつらくなるほどの焦燥感(しょうそうかん)にかられる。

だからこそ、自己重要感を満たすことは大事。

最も自己重要感が満たされる言葉が、「あなたがいてくれていてよかった」、「あなたのおかげで」と感謝される存在になること。

「自分はまだまだ世の中の人から必要とされている」

感謝される存在を目ざしたい。
      ai-04.gif

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たか
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

70歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

柴田淳 飛んでイスタンブール~東京~あなた

Too far away 水越恵子

修大ひろしま協創【吹奏楽部】がむしゃら行進曲

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー