FC2ブログ

今日も生かされて

日々の出来事や想いを綴っています

Entries

素敵な話 《頼まれやすい顔と頼まれにくい顔》

【頼まれやすい顔と頼まれにくい顔】

小林正観さんの心に響く言葉
      「人の心に灯をともす」より
「この前、すごく嫌なことがあった」と言っている人の顔は、本人は気づいていなくても、「頼まれにくい顔」になっています。

「この前、すごく楽しい出来事があったんだよね」と言っている人の顔は、「頼まれやすい顔」をしています。

それを何十万回も繰り返しているうちに、「頼まれやすい人相」と「頼まれにくい人相」にはっきり分かれていくのです。

たとえば、あなたがクルマを修理に出すとき、「修理の腕はいいけどいつも不機嫌で、怒りっぽい人」と「修理の腕は普通くらいだけど、いつもニコニコと明るい人」がいたとしたら、どちらにクルマを預けたいですか?

「そんなつまらない修理をオレに頼むな」というような人よりも、「いいですよ、これくらいならすぐに直せますから」という人のほうが頼みやすいでしょう。

また、上司が部下に仕事を頼むとき、「すごく優秀なんだけどいつも不機嫌で、『なんでオレがやるんだよ』という表情をしている部下」と、「能力はそれほど秀でていなけれど、いつもニコニコして『はい、わかりました!すぐやります』と答える部下」では、どちらに仕事を任せたいでしょう。

優秀な部下が2時間で終わるところ、ニコニコしている部下は4時間かかってしまうかもしれない。

けれど、頼まれやすい表情をしている部下のほうが、最終的には楽しく仕事ができて、だからこそ自然と「会社の業績」も上がっていくのではないでしょうか。

頼みにくい人には、頼みごとがいくことはない。

頼みにくい人は…

「いつも頼まれごとを断ってばかりいる人」、「不機嫌な人、「不愛想な人」、「言葉が冷たく感じる人」、「笑顔がない人」、「暗い人」、「喜ばない人」、「すぐに怒りだす人」、「偉そうな人」、「愚痴や不平不満ばかり言う人」、「悪口や文句ばかり言う人」等々。

それらは、すべて顔に出る。

それはたとえば…

いくら腕がよくても、不機嫌な医者。

いくら料理がおいしくても、不愛想な接客をする人。

何かプレゼントしたり、とっておきの情報を教えてやってもそんなに喜ばない人。

頼まれにくい人からは運が逃げていく。

なぜなら、運は人が運んでくるからだ。

いつも上機嫌でニコニコしている人…

頼まれやすい顔になりたい。


もう一つの幸せ論

広島ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

 出逢いに感謝

花の水中時計

癒しの水面 (右下の花をクリックすると雨が・・・)

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:孝ちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :江田島市

68歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸して     リラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。

夏を感じる、涼しげな音楽

SAX BEST SMOOTH JAZZ

Best Smooth Jazz

  ツイート

月別アーカイブ

右サイドメニュー