FC2ブログ

今日も生かされて

.26

素敵な話

素敵な話 《だまされてよくなり、悪くなっては駄目》

【だまされてよくなり、悪くなっては駄目】

青山俊董氏の心に響く言葉
        「人の心に灯をともす」より

《だまされてよくなり、悪くなっては駄目(だめ)。

いじめられてよくなり、いじけてしまっては駄目。

ふまれておきあがり、倒れてしまっては駄目。》(坂村真民)

雪がとけて畑の黒い土に草々の緑が目立つころになると、遠き日、師匠と共に麦踏をしたことや「踏まれておきあがり」の坂村真民先生の詩を思い出す。

麦は冬の寒さに堪えて春を迎える。

雪や霜で浮き上がった根を、水ぬるむ季節を待って、やわらかい藁草履(わらぞうり)をはき、やさしく、しかししっかりと踏んでやる。

踏まれることで麦は大地に力強く根を張ることができる。

過保護では駄目になるばかり。

踏まれても倒れずに起きあがる力は、踏まれることで育つのである。

もう一つ大切なことは、踏むべき時があるということ。

地にはりついている幼い時に、しかも愛情をもって踏まねばならない。

大きく育ってから、しかも乱暴に踏んだら、折れるばかりで立ちあがることはできないのである。

『あなたに贈る人生の道しるべ 続・ことばの花束』春秋社

たくさんの苦労をしたのに、それが顔に出てこない人がいる。

むしろ、それがために、味のある顔、いい顔になっている。

苦労と闘わずに、苦労を味わい、楽しんだ人だ。

反対に、苦労が顔に出て、暗くて、重いオーラがただよっている人もいる。

苦労に対して、不平不満やグチ、泣き言を言ったり、いじけてしまった人だ。

いい顔の人には、笑いがあり、感謝がある。

だまされても、いじめられても、踏まれても…

そのことがあったおかげで今の自分があると、感謝できる人は大地に根をしっかり張ることができる。

人生の道しるべ

広島ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

NEXT Entry
管理人物語ー87 《今年最後の草刈りと夕日》
NEW Topics
学校守衛物語ー14 《校訓碑移設》
素敵な話 《魂が喜ぶ生き方》
学校守衛物語ー13 《ナデシコの花》
学校守衛物語ー12 《台風一過》
学校守衛物語ー11 《小学生が来た》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

神秘的な今夜のお月様の灯り

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:孝ちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

68歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸して     リラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Chris de Burgh - Lady in Red

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ