FC2ブログ

今日も生かされて

.01

素敵な話

素敵な話

愚かな自分を成長させたくて読んでいる「致知出版社メルマガ」。
今日配信の話も素晴らしいので紹介します。
知致出版社のホームページはhttp://www.chichi.co.jp/

…………………………………………………………………………………………………
    言葉と運命 ~嶋野老師の話を聞いて(前段)~
…………………………………………………………………………………………………

『致知』3月号の特集は、
賜生(しせい)――です。
私たちの人生も生命も、すべて天地宇宙より賜ったものだということです。

私たちは自分の体を自分のものと思って生きていますが、
そうではありません。
すべて天地からお借りしたものです。
だから、その時がきたら、すべてを置いて、
私たちは旅立っていくのです。

そういう趣旨のことを総リードに書かせていただきました。
拙いながら、私自身の実感です。

さて、その『致知』3月号の「致知随想」欄に、
松原紗蓮(しょうれん)さんという尼僧の方が、
「泥を肥やしに咲く花」
という一文を寄せてくださっています。

詳細は省きますが、松原さんは両親の離婚により、
2歳7ヶ月の時に、愛知県の浄名寺に預けられます。

その事実が分かったのは中学2年の時。
自分の生い立ちを知った少女は、
それまでの聞き分けのよい少女から一変、
髪は金髪、耳にピアス、暴走族の仲間に交じり、
薬に手を出し、幾度も自傷行為を繰り返す。

しかし、そんな彼女を事実上の育ての親である庵主は
一切とがめず、松原さんが20歳になった時、
断固として寺修行に行かせ、立ち直らせたのです。

後日、自分の愚かな行為を反省するまでに成長した松原さんが
「なぜ、私を叱らなかったのか」
と訊ねると、庵主はこう言ったといいます。

「人間は、時が熟さなければ分からないことがある。
 ひと月前のおまえに私がどれだけよい言葉を聞かせても、
 かえって反発を生むだけだった。
 いまおまえが分かるということは、
 おまえに分かる時がきたということだ。
 仏道は待ちて熟さん」
 
これはすごい言葉ですね。
このひと言を発した庵主さんはただ者ではないと思います。

あらゆるものに機縁がある。
人が言葉と出合うのにも機縁がある。

人間は生まれて死ぬまで、どのくらいの言葉と出合うのでしょうか。
おそらく無数・無限の言葉と出合います。

その中で、ある時、ストンと心に落ちる言葉がある。
心の土壌と、言葉の種がうまく合致した時、
その言葉はその人の心の中で大きく成長し、
その人の運命を招来する力となる。

そんなふうに思います。

つい昨日、嶋野榮道老師の話を伺いました。
27歳の時、単身アメリカに渡り、約50年、
アメリカ人を中心に5万人もの欧米の人たちに
禅を教えてこられた人です。
その嶋野さんをアメリカへ導いたのも
そんな言葉との出合いがあったからです。

次回にそのことを話したいと思います。



人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
58歳は、やるでぇ 《退職届》
NEW Topics
学校守衛物語ー100 《桜が咲いた》
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Julio Iglesias - Amor

Spanish Eyes - Engelbert Humperdinck

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ