FC2ブログ

今日も生かされて

.16

素敵な話

素敵な話 《人に喜ばれることをしてみましょう》


【人に喜ばれることをしてみましょう】

小林正観さんの心に響く言葉
      「人の心に灯をともす」より

《まわりに喜ばれる喜びは、自分が喜ぶのとは比べられない大きさです》

人は、人の間に生きていることから「人間」と言います。

人間として生きるということは、自分のためではなく、他に存在するもののために生きるということです。

体の中に目を向けてみても、肺や心臓、肝臓、腸など自分のために存在する臓器は何ひとつありません。

みな、体内の他の臓器や細胞を生かすために働いているのです。

ひとつの宇宙が人間の体にまとまっている、ともいえるかもしれません。

ですから、人は、この世に生れたからには自分がいかに目標に向かって歩み、達成するかということではなく、いかにまわりに喜ばれる存在になるか、ということに尽きます。

たとえば頼まれごとをやってあげて、相手がにっこり笑って「ありがとう」と言ってくれたとき、本当の「存在の喜び」が湧いてきます。

喜ばれることが、人間の最も根源的な幸せなのです。

人に喜ばれることをしてみましょう。

いちばん楽しくて、幸せなのは実は私なのではないか、と思えるに違いありません。

小林正観さんは、「たのまれごと」について本書の中でこう書いている。

『自分にできないことは頼まれません。

頼みやすい人は喜ばれる存在です。

頼まれごとは、自分が汗をかいてその人の要望に応えることを言います。

頼まれたらどんどん引き受けていきましょう。

なぜなら、私たちが生まれてきた目的は「いかに喜ばれる存在になるか」ということだからです。

それはつまり、「いかに頼まれやすい人になるか」ということです』

頼まれやすい人は、頼まれやすい顔をしている。

いつも笑顔で機嫌よく、愛のある言葉を言い、相手をほめ、ほっこりさせる。

反対に頼まれにくい人は、いつも不機嫌で、不平不満をいい、色々なことのあらさがしばかりしている。

頼まれごとを気持ちよく引き受け…

いつも、人に喜ばれることをする人でありたい。


感謝で始まる・・・

広島ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

NEXT Entry
学校守衛物語ー26 《定期演奏会》
NEW Topics
学校守衛物語ー100 《桜が咲いた》
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

Julio Iglesias - Amor

Spanish Eyes - Engelbert Humperdinck

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ