FC2ブログ

今日も生かされて

ARTICLE PAGE

in 素敵な話

素敵な話 《批判者ではなく、感じのいい人に》

-0 COMMENT

【批判者ではなく、感じのいい人に】

精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉
   「人の心に灯をともす」より 

「批判の好きな人」、これは私も大の苦手だ。

こういう人にとっては、すべての他人と世の中のできごとは批判の対象になるらしく、口を開けば何かの批判をしている。

政治、経済、芸術から同僚の仕事振り、異性、家庭、食べ物まで、批判の対象分野は広い。

話題を向けさえすれば、たちまちのうちに批判してくれる。

しかし、私はこういう人といっしょに食事をしたくないし、なるべくならともに時間をすごすのはかんべんしてもらいたい。

聞き苦しく、息苦しい。

イヤなこと、嫌いなことだらけでは、人生がつまらなくなる。

だいいち、これだけ批判が上手であれば、もちろん私も批判の対象に入っているにちがいない。

きっと、他のところでは私の批判をしているのだろう。

気の弱い私は、こういう人と親しくおつき合い願たいとは思わない。

批判もときには必要だが、批判屋さんの批判にはだれも耳を傾けないから意味がない。

聞いてもらえない批判など、不快な騒音でしかないではないか。

これとは逆に、他人のいいところ、ものごとのよい面を見ている人は、いっしょにいて気持ちがいい。

おしゃべりも楽しく、食事をいっしょにしても食欲が進む。

こういう人がたまに何かを批判すると、ピリッとひきしまる。

めったに怒ったり、悪いことをいわないだけに、相手はおやっと思い、考えさせられるのだ。

「これは心して聞かなければ」と思わせる。

批判屋さんの批判が「ああ、またいっているよ、うるさいなあ」と耳に栓をされるのとは大ちがいだ。

甘味の中に、ちょっとだけ塩を入れると、甘味が引きたつ。

これと同じではないだろうか。

塩も体には必要だが、塩ばかりなめさせられたのでは、たまったものではない。

また、逆に、甘いばかりもダメだ。

「感じのいい人」は、ものごとの悪い面にも目をつぶらず、ちゃんと見ている。

しかし、ふだんはいいほうに注目し、全面に押し出す。

そしてときにチラッと意見をいって、ピリッとひきしめる。

斎藤氏は、本書の中で、公(おおやけ)の中で批判されたときの対応についてこう語っている。

『私が精神病院協会の会長をしていたときのことだ。

おおぜいの会員が集まった席で、先代の会長からこう批判されたことがある。

「斎藤会長は指導力が弱すぎる。政府への対応も弱い」

これに対して私は、「かねがね先生のことは大久保彦左衛門だと思っていました。実にいいことをいっていただいた。ありがとうございました。」

すると、やがて私に同情してくれる人がたくさんあらわれたのである。

先代の会長も、もちろん、協会のためを思って発言したのだろうが、個人攻撃の形になってしまったので、会員の同情は私のほうに集まったのだ。

もしも、私が自分への批判を素直に受けとめず、彼を批判し返していたら、みんなの反応はどうだっただろう。

「先代の会長のいうことはもっともだ」という雰囲気になっていたかもしれない。

自分への批判を「そのとおりでございます」と受けとめるのは、みんなの前で自分の弱点を認めることであり、なかなか勇気のいることかもしれない。

しかし、自ら潔く負ける姿勢をとると状況は逆転する。

その場では批判され、評価が低いように見えても、多くの人が味方についてくれる。』

不平不満をいい、批判をしたり悪口をいうような人を避けて、一緒にならないことは、自分の精神を保つために一番効果的なやり方だ。

しかしながら、そうであっても、もし一緒になってしまったときは、「自分を批判する人をほめる」こと。

批判されてカーっとなってしまったときは、もし、自分が言い返したり、もっと批判したらどうなるか、を心の中でシミュレーションしてみる。

すると、あまりいい結果は得られないことはわかる。

心の広い人、余裕のある人と見られたいなら、感情的に怒ったり批判した方が負けだ。

批判者ではなく、感じのいい人をめざしたい。


    朗らかに品よく

広島ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
  • Share

0 Comments

Leave a comment

素敵な話 《運とは、ワクワクするときに生まれるエネルギー》
PREV
NEXT
素敵な話 《自分のせいだと思うか、相手のせいだと思うか》