FC2ブログ

今日も生かされて

ARTICLE PAGE

in 感動する話

難病のアシュリーさん、17歳で亡くなる

-0 COMMENT
テレビで放送されるたびに、大変な難病にかかりながら明るく前向きに生きる姿に感動を与えてくれていたアシュリーさんが亡くなった。
同じ病を持ちアシュリーさんの友達で先に亡くなったジョン君の言葉「人生はどう生きるかなんだ。長さは重要じゃない」が胸に突き刺さる。59年間生かされた私、我が人生をどう生きてきたかを振り返ると・・・
      
               FNNフジネットワークより引用
「プロジェリア」という遺伝子の病にかかり、通常の10倍もの速さで老いていくカナダの少女、アシュリー・ヘギさん(17)が、21日朝に亡くなった。
通常の10倍近い速さで老いていくという難病「プロジェリア」を患いながらも、その過酷な運命を懸命に生き抜いたアシュリーさんが、21日午前9時、母・ロリーさんにみとられて短い人生の幕を下ろした。
アシュリーさんは「うまく言えないけど、死ぬのは悲しいことだけど、必ず訪れるものだと思うの」と話していた。
アシュリーさんが生まれたのは1991年5月23日。
母・ロリーさんが、17歳で産んだ元気な赤ちゃんだった。
しかし、生後9カ月の時にプロジェリアと診断された。
遺伝子の異常によって、普通の10倍近いスピードで年老いていくこの病気は、800万人に1人という難病で、平均寿命はわずか13歳。
そんなアシュリーさんを支えたのが、同じ病を持つジョン・タケット君(16)だった。
アシュリーさんは、ジョン君に淡い恋心を抱いていた。
アシュリーさんは「ジョンとは同じ病気で運命をともにしてきた、唯一の存在なの」と話していた。
アシュリーさんは、ジョン君の住むアメリカ・ミシガン州まで、12時間かけて会いに行った。
ジョン君は、ドラマーになるという夢をかなえるため、懸命に練習を重ねていた。
ジョン君は「人生はどう生きるかなんだ。長さは重要じゃない」と話した。
アシュリーさんとジョン君は、2人きりで楽しい時間を過ごした。
しかし、別れの時は近づいていた。
プロジェリアという運命が結びつけた2人。
ある日、アシュリーさんは「明日、メールしてね」とジョン君と別れたが、この別れが永遠の別れとなった。
ジョン君は16歳でその短い生涯を閉じた。
アシュリーさんは「プロジェリアという病気をどう思っているかは、昔と変わってないわ。わたしがプロジェリアだということには、ちゃんとした理由があるの。神様が与えてくれたものだから、すてきなことなのよ。だから、わたしは大丈夫」と話していた。
アシュリーさんは高校に通いながら、大好きな動物の世話をするために、ペットショップでアルバイトをしていた。
4月17日から体調を崩し入院していたアシュリーさんは、21日午前9時、17歳という若さでこの世を去った。
母・ロリーさんのブログには、「けさ9時に娘を見送り、神の元に召されました。永遠に愛しています」と、娘・アシュリーさんへの思いがつづられていた。
アシュリーさんは「痛みは必ず消えるって知ってるから大丈夫。もし消えなかったら、天国に召される時」と話していた。
痛みと闘いながらも、前向きに短い人生を生き抜いたアシュリーさんは、母・ロリーさんにみとられながら天国へと旅立った。




人気ブログランキングへ
広島ブログ
  • Share

0 Comments

Leave a comment