FC2ブログ

今日も生かされて

.21

素敵な話

素敵な話

 「おやじの弁当」      アサヒビール名誉顧問・中條高徳

筆者にとって大事なお得意先であり、
長い交友の経営する「三笠会館」という有名なレストランが銀座にある。
その三笠会館より以前発行された『るんびにい』241号で、
故・樋口清之教授(国学院大学)の随筆が
戦前の家庭の姿、親子の生き様を語って余すところがない。

樋口さんの友人で、よく貧乏に耐えて勉学にひたむきに努める人がいた。その友人が勉学に励んだ動機は、「おやじの弁当」だという。
彼はある日、母の作る父の弁当を間違えて持って行ってしまった。
彼曰く、
「おやじの弁当は軽く、俺の弁当は重かった。
おやじの弁当箱はご飯が半分で、自分のにはいっぱい入っており、
おやじの弁当のおかずは味噌がご飯の上に載せてあっただけなのに、
自分のにはメザシが入っていたことを、間違えて初めて知った。
父子の弁当の内容を一番よく知っている両親は一切黙して語らず。
肉体労働をしている親が
子供の分量の半分でおかずのない弁当を持ってゆく。
これを知った瞬間、
「子を思う親の真(愛)情」が分かり、
胸つまり、涙あふれ、その弁当すら食べられなかった。
その感動の涙が勉学の決意になり、
涙しながら両親の期待を裏切るまいと心に誓ったという。
それに引き換え、戦後の私権の主張のみに急な世相の中では、
「お父さんの弁当の中身は少ないが、
お前のはちゃんとした弁当だから頑張れ」
などと発言しがちであるが、
それでは「恩、愛の押し売りはごめんだ」と
生意気な子供の言葉がはね返ってくるのがオチであろう。
この「おやじの弁当」の心こそ、
仏道で説く「陰徳」(いんとく)の妙法(みょうほう)であり、
「慎独」(しんどく)の実践なのである。
           『致知』2009年1月号「巻頭の言葉」より
http://www.chichi.co.jp/monthly/200901_index.html

※陰徳:世間に知られないよいおこない。ひそかに行う善行。
※慎独:自分一人でいるときでも身をつつしみ、道をはずれないようにすること


人気ブログランキングへ
広島ブログ

NEXT Entry
田原総一郎が拉致被害者家族にお詫び状
NEW Topics
学校守衛物語ー99 《記念樹の梅》
学校守衛物語ー98 《高校入試2020》
素敵な話 《やってみなけりゃわからんことだけが楽しい》
学校守衛物語ー97 《中学校入学説明会》
可愛いメジロ 続々編

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


 出逢いに感謝

プロフィール

taka

Author:taka
ニックネーム:たかちゃん
 性 別  :男
 血液型  :O型
 現在地  :広島市

69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。
「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。



Righteous Brothers - Ghost - Unchained M

JULIO IGLESIAS - BEGIN THE BEGUINE HQ

Whitney Houston & Sax - I Will Always Lo

  ツイート


月別アーカイブ


RSSフィード 管理者ページ